「玉砕総指揮官」の絵手紙(小学館文庫) [文庫]
    • 「玉砕総指揮官」の絵手紙(小学館文庫) [文庫]

    • ¥66020ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001216226

「玉砕総指揮官」の絵手紙(小学館文庫) [文庫]

価格:¥660(税込)
ポイント:20ポイント(3%還元)(¥20相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2002/03/06
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

「玉砕総指揮官」の絵手紙(小学館文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    昭和3年、軍事研究のためアメリカに留学した陸軍大尉栗林忠道が、幼い息子・太郎に書き綴った絵入りの手紙。その15年後、彼は総指揮官として赴いた硫黄島で玉砕する。留学先からの絵手紙と、戦地から娘・たか子に宛てた手紙、双方を初公開。子に対する父親の深い愛情とユーモアに溢れた文面から、軍人・栗林の人生の明暗ともうひとつの戦中史が見えてくる。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    太郎君へ―昭和3年3月~昭和5年4月アメリカより
    たこちゃんへ―昭和19年6月~昭和20年1月硫黄島より
    妻子供達へ―昭和19年6月25日、昭和20年2月3日硫黄島より
  • 内容紹介

    硫黄島に散った栗林中将が留学の地アメリカから息子に伝えたこと

    昭和3年、軍事研究のためアメリカに留学した陸軍大尉栗林忠道が、幼い息子・太郎に書き綴った絵入りの手紙。その15年後、彼は総指揮官として赴いた硫黄島で玉砕する。留学先からの絵手紙と、戦地から娘・たか子に宛てた手紙、双方を初公開。子に対する父親の深い愛情とユーモアに溢れた文面から、軍人・栗林の人生の明暗ともうひとつの戦中史が見えてくる。監修・細木重辰(軍事史研究家)解説・枝川公一(ノンフィクション作家)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    栗林 忠道(クリバヤシ タダミチ)
    1891~1945年。長野県生まれ。陸軍士官学校、陸軍大学校を卒業後アメリカに留学。昭和18年に陸軍中将に任ぜられ、翌年小笠原軍団長として硫黄島に着任。20年同島で戦死。死後、陸軍大将となる

「玉砕総指揮官」の絵手紙(小学館文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:栗林 忠道(著)/吉田 津由子(編)
発行年月日:2002/04/01
ISBN-10:4094026762
ISBN-13:9784094026764
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:254ページ
縦:15cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 「玉砕総指揮官」の絵手紙(小学館文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!