総力戦体制と「福祉国家」―戦時期日本の「社会改革」構想(戦争の経験を問う) [全集叢書]

販売休止中です

    • 総力戦体制と「福祉国家」―戦時期日本の「社会改革」構想(戦争の経験を問う) [全集叢書]

    • ¥3,08093ポイント(3%還元)
100000009001216995

総力戦体制と「福祉国家」―戦時期日本の「社会改革」構想(戦争の経験を問う) [全集叢書]

価格:¥3,080(税込)
ポイント:93ポイント(3%還元)(¥93相当)
日本全国配達料金無料
出版社:岩波書店
販売開始日:2011/01/31
ご確認事項:返品不可

総力戦体制と「福祉国家」―戦時期日本の「社会改革」構想(戦争の経験を問う) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「福祉国家」日本のルーツは本当に戦時期にあるのだろうか―従来、軍もしくは戦争の要請に基づくものとされてきた厚生省設立や国民健康保険・厚生年金保険制度創設などの「戦時社会政策」。本書は、その形成過程における政府や地方、軍部などのせめぎあいに着目し、戦後日本の福祉国家とは全く異なる「骨格」を持つ、戦時期の総力戦体制=「福祉国家」の姿を浮かび上がらせる。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 戦時期日本の「社会国家」構想
    第1章 厚生省の設立と陸軍の「社会国家」構想
    第2章 広田‐第一次近衛内閣期の「社会政策」と「社会国家」
    第3章 戦時労働政策と「社会国家」
    第4章 戦時人口政策と「社会国家」
    第5章 「健兵健民」政策と戦時「社会国家」
    終章 戦時「社会国家」の歴史的位置
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    高岡 裕之(タカオカ ヒロユキ)
    1962年奈良県生まれ。大阪市立大学卒業、同大学院文学研究科後期博士課程単位取得退学。関西学院大学文学部教授。日本近現代史

総力戦体制と「福祉国家」―戦時期日本の「社会改革」構想(戦争の経験を問う) の商品スペック

商品仕様
出版社名:岩波書店
著者名:高岡 裕之(著)
発行年月日:2011/01/28
ISBN-10:4000283782
ISBN-13:9784000283786
判型:B6
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:日本歴史
ページ数:314ページ
縦:20cm

    岩波書店 総力戦体制と「福祉国家」―戦時期日本の「社会改革」構想(戦争の経験を問う) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!