代数的整数論入門(下)(基礎数学選書<13B>) [単行本]

販売休止中です

    • 代数的整数論入門(下)(基礎数学選書<13B>) [単行本]

    • ¥3,30099ポイント(3%還元)
100000009001220172

代数的整数論入門(下)(基礎数学選書<13B>) [単行本]

藤崎 源二郎(著・文・その他)
価格:¥3,300(税込)
ポイント:99ポイント(3%還元)(¥99相当)
日本全国配達料金無料
出版社:裳華房
販売開始日:2001/10/01
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 376276位

代数的整数論入門(下)(基礎数学選書<13B>) の 商品概要

  • 目次

    3.相対代数体
     §1 相対代数体
     §2 ヒルベルト(Hilbert)の理論
     §3 相対代数体の整数環
     §4 共役差積と判別式
     §5 デデキント(Dedekind)の判別定理
     §6 原素イデアル
     §7 分岐群に関するエルプラン(Herbrand)の理論
     §8 相対代数体における素イデアル p の分解

    4.いろいろな例
     §1 円分体
     §2 素数次のクンマー拡大における素イデアルの分解
     §3 3次体の整数の基底と判別式の計算
     §4 Q(m--√,n--√) の整数の基底と判別式
     §5 Q(m--√l) の整数の基底と判別式の計算

    付録 代数体の付値
     §1 体の付値
     §2 完備体
     §3 有限次代数体の付値
     §4 デデキント整域の付値論的特徴づけ
  • 内容紹介

     本書は、代数的整数論にとり欠くことのできない基礎知識である代数体の理論一通りを、初等的な予備知識(行列と行列式の理論の初歩と微積分学の初歩)だけで勉強できることを目的として書かれたものである。
     代数体の理論を組み立てる方法は大別して環論的方法、付値論的方法と位相群の理論を採用する方法があるが、本書では環論的方法を用いた、それが本書の入門書としての性格に相応しいと考えたからである。
  • 著者について

    藤崎 源二郎 (フジサキ ゲンジロウ)
    東京大学名誉教授、理学博士。1930年 佐賀県生まれ。東京大学理学部数学科卒業。東京大学助手・助教授・教授などを歴任。主な著書に『体とガロア理論』(岩波書店)、『数論への出発 増補版』(共著、日本評論社)などがある。

代数的整数論入門(下)(基礎数学選書<13B>) の商品スペック

商品仕様
出版社名:裳華房
著者名:藤崎 源二郎(著・文・その他)
発行年月日:2001/10
ISBN-10:4785311150
ISBN-13:9784785311155
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:数学
言語:日本語
ページ数:188ページ

    裳華房 代数的整数論入門(下)(基礎数学選書<13B>) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!