樋口一葉小説集(ちくま文庫) [文庫]
    • 樋口一葉小説集(ちくま文庫) [文庫]

    • ¥1,10033ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001222840

樋口一葉小説集(ちくま文庫) [文庫]

価格:¥1,100(税込)
ポイント:33ポイント(3%還元)(¥33相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:筑摩書房
販売開始日: 2005/10/07
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

樋口一葉小説集(ちくま文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    一葉の作品を味わうとともに、詳細な脚注・参考図版を多数収録することで一葉の生きた明治という時代を知ることのできる画期的な文庫版小説集。いわゆる“奇跡の十四ヶ月”時期の代表作とそこに至るまでの初期作品を主として収録。資料篇として鴎外、露伴、緑雨、高山樗牛らの一葉評も付す。
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    大つごもり;ゆく雲;うつせみ;にごりえ;十三夜;わかれ道;たけくらべ;われから;闇桜;やみ夜;資料篇―同時代評
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    樋口 一葉(ヒグチ イチヨウ)
    1872‐1896。東京の府庁構内長屋に生まれる。本名奈津。幼いころ草双紙を読み、和歌を学んだ。十九歳のとき半井桃水に師事して創作を始め、第一作「闇桜」、ついで「うもれ木」によって注目される。下谷龍泉寺町で荒物・駄菓子屋を始めるが失敗。再び創作に専念し、「にごりえ」「十三夜」「たけくらべ」などを次々に発表。二十四歳にして肺結核で死去

    菅 聡子(カン サトコ)
    1962年福岡県生まれ。お茶の水女子大学大学院博士課程修了。博士(人文科学)。お茶の水女子大学文教育学部助教授

樋口一葉小説集(ちくま文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:筑摩書房
著者名:樋口 一葉(著)/菅 聡子(編)
発行年月日:2005/10/10
ISBN-10:4480421025
ISBN-13:9784480421029
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
ページ数:414ページ
縦:15cm
その他:大つごもり,ゆく雲,うつせみ,にごりえ,十三夜,わかれ道 他
他の筑摩書房の書籍を探す

    筑摩書房 樋口一葉小説集(ちくま文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!