敗戦日記(中公文庫BIBLIO20世紀) [文庫]
    • 敗戦日記(中公文庫BIBLIO20世紀) [文庫]

    • ¥1,30940ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年11月14日木曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001224648

敗戦日記(中公文庫BIBLIO20世紀) [文庫]

価格:¥1,309(税込)
ポイント:40ポイント(3%還元)(¥40相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年11月14日木曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:中央公論新社
販売開始日:2005/07/23
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 528032位

敗戦日記(中公文庫BIBLIO20世紀) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「書け、病のごとく書け」と、自らを追いつめるほどに創作の意味を問い続けた“最後の文士”高見順が遺した戦中日記。そこには貸本屋「鎌倉文庫」設立の経緯、文学報国会の活動などが詳細に記録されており、戦時下に成し得ることを模索し、文学と格闘した作家の姿がうかがえる。膨大な量の日記から昭和二十年の一年間を抜粋収録。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    高見 順(タカミ ジュン)
    1907年(明治40)、福井県生まれ。30年(昭和5)に東京帝国大学文学部英文学科を卒業後、『故旧忘れ得べき』が認められ、作家となる。作品を発表するかたわら詩作にも力を入れ、武田麟太郎らと「人民文庫」を創刊、戦後は池田克己らと「日本未来派」を創刊し、また評論家として、『文芸時評』『昭和文学盛衰史』を発表した。晩年は日本近代文学館の創立に参加、初代理事長に就任した。65年(昭和40)没

敗戦日記(中公文庫BIBLIO20世紀) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:中央公論新社
著者名:高見 順(著)
発行年月日:2005/07/25
ISBN-10:4122045606
ISBN-13:9784122045606
判型:文庫
対象:教養
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:470ページ
縦:16cm

    中央公論新社 敗戦日記(中公文庫BIBLIO20世紀) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!