薩摩燃ゆ(小学館文庫) [文庫]
    • 薩摩燃ゆ(小学館文庫) [文庫]

    • ¥72222ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001225784

薩摩燃ゆ(小学館文庫) [文庫]

価格:¥722(税込)
ポイント:22ポイント(3%還元)(¥22相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2007/10/05
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

薩摩燃ゆ(小学館文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    五百万両の借金をかかえる破綻寸前の薩摩藩の財政建て直しを島津重豪から命ぜられた調所笑左衛門広郷。唐物取引、砂糖黍栽培等、非合法、非人道的な事を行うも、主君の命を遂行すべく私利私欲を捨て改革に邁進する。若き日の西郷隆盛、大久保利通等を推挙して新しい時代の礎を築いたが、重豪亡き後、後継ぎをめぐる騒動に巻き込まれ、汚名を一身に背負い、自ら命を絶つ。この男・調所笑左衛門の存在なくして、薩摩藩が明治維新の中心になる事はなかったのである。
  • 内容紹介

    長年続いた政権体制がマンネリ化し社会不安も増大していた江戸後期、後に明治維新の中心となる薩摩藩では破綻寸前の財政を改革すべく、調所笑左右衛門広郷が悪戦苦闘していた。53歳という、現在でいえば定年間近の官僚が、出世や保身ではなく、文字通り命を賭けて「国」を立て直すため御法度にも手を染め、その責を負って悲劇的な最期を遂げる。彼の働きがあってこそ、薩摩藩は維新のリーダーとなることができたのである。

    図書館選書
    藩財政を立て直し、明治維新への基盤を築い
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    安部 龍太郎(アベ リュウタロウ)
    1955年福岡県生まれ。久留米工専尊。図書館司書勤務を経て『血の日本史』で作家デビュー。以来、大胆かつ新しい歴史観で数多くの歴史小説を発表。『天馬、翔ける』で第十一回中山義秀賞受賞

薩摩燃ゆ(小学館文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:安部 龍太郎(著)
発行年月日:2007/10/10
ISBN-10:4094082093
ISBN-13:9784094082098
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:473ページ
縦:15cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 薩摩燃ゆ(小学館文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!