神楽歌・催馬楽・梁塵秘抄・閑吟集(新編 日本古典文学全集〈42〉) [全集叢書]
    • 神楽歌・催馬楽・梁塵秘抄・閑吟集(新編 日本古典文学全集〈42〉) [全集叢書]

    • ¥4,902148ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001226310

神楽歌・催馬楽・梁塵秘抄・閑吟集(新編 日本古典文学全集〈42〉) [全集叢書]

臼田 甚五郎(校注・訳)新間 進一(校注・訳)外村 南都子(校注・訳)徳江 元正(校注・訳)
価格:¥4,902(税込)
ポイント:148ポイント(3%還元)(¥148相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2000/11/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

神楽歌・催馬楽・梁塵秘抄・閑吟集(新編 日本古典文学全集〈42〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    神々と交歓する「神楽歌」。上代民謡や流行歌から生れた「催馬楽」。平安王朝にも愛唱された今様「梁塵秘抄」。民衆の哀歓を吐露する室町小歌「閑吟集」。上代から中世にかけて、そして現代にも歌い継がれる代表的歌謡集を収録。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    神楽歌(庭火;採物;大前張 ほか)
    催馬楽(律;呂歌)
    梁塵秘抄(長歌十首;古柳三十四首;今様二百六十五首 ほか)
    閑吟集
  • 内容紹介

    神々との交歓の、日々の労働の、そして享楽の歌。代表的歌謡集を収録。

    「歌謡」とは、人類にとってもっとも古く新しい、しかももっともなじみの深い文芸ジャンルと言えるのではないでしょうか。太古の姿を伝え、今も大きな宮中神事に重要な地位を占める、神々との交歓のうた『神楽歌』。上代地方民の民謡や流行歌から、平安貴族の間で口ずさまれるようになり、『源氏物語』の巻名にも使われた『催馬楽』。身分の隔てを越えて平安京に大流行し、後白河院愛唱の今様集として成立した『梁塵秘抄』。中世民衆の感慨を一息につづり、現在の流行歌にも通じる哀調を奏でる小歌集『閑吟集』。また、今様修行にひたすら打ち込む後白河院の自叙伝とも言える『梁塵秘抄口伝集』も収録しました。ふとしたときに口をついて出る「うた」の系譜を、お楽しみ下さい。

    図書館選書
    豊かなメロディや心踊るリズムとともにうたわれた、歌謡。よむ歌「和歌」とはまったく違う興趣に誘われる、より身近で身体性を帯びた文芸ジャンルです。中古から中世にかけての代表的歌謡集四点を収録しました。

神楽歌・催馬楽・梁塵秘抄・閑吟集(新編 日本古典文学全集〈42〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:臼田 甚五郎(校注・訳)/新間 進一(校注・訳)/外村 南都子(校注・訳)/徳江 元正(校注・訳)
発行年月日:2000/12/20
ISBN-10:4096580422
ISBN-13:9784096580424
判型:A5
対象:教養
発行形態:全集叢書
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:542ページ
縦:23cm
その他:神楽歌,催馬楽,梁塵秘抄,閑吟集
他の小学館の書籍を探す

    小学館 神楽歌・催馬楽・梁塵秘抄・閑吟集(新編 日本古典文学全集〈42〉) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!