新・現場からみた放送学 [全集叢書]
    • 新・現場からみた放送学 [全集叢書]

    • ¥2,75083ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001231068

新・現場からみた放送学 [全集叢書]

松岡 新児(編著)向後 英紀(編著)
価格:¥2,750(税込)
ポイント:83ポイント(3%還元)(¥83相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:学文社
販売開始日:2004/04/10
ご確認事項:返品不可

新・現場からみた放送学 [全集叢書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    本書では、戦争報道、地上波デジタルに関しては、最新のデータを織り込んで詳述しているのを始め、放送現場だけにとどまらず産業構造や法制度、地域放送局の実情等関連する部門にも範囲を広げて問題点を掘り下げている。さらに、災害報道、ドキュメンタリー、報道倫理、市民と放送のかかわりの他、歴史やジャーナリズム等基本的な要素を盛り込んで、放送を体系的に理解できるように作られている。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 放送の現場(戦争報道
    子どもとテレビ
    災害報道
    テレビとスポーツ―「見るスポーツ」の隆盛とテレビの今日的課題
    テレビドキュメンタリーの輝きとその未来)
    第2部 放送の構造(放送産業の構造
    放送法制度
    デジタル放送とメディアの融合
    ローカル放送局の現状と課題)
    第3部 放送の原点(倫理・人権
    市民と放送
    放送の変遷
    放送ジャーナリズム)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    松岡 新児(マツオカ シンジ)
    1931年東京に生まれる。1958年早稲田大学文学部ロシア文学専攻卒業。専攻、テレビ・ジャーナリズム。現職、日本大学講師・前日本大学教授

    向後 英紀(コウゴ エイキ)
    1940年東京に生まれる。1964年東京大学文学部英米文学科卒業。専攻、放送史。現職、日本大学教授

新・現場からみた放送学 [全集叢書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:学文社
著者名:松岡 新児(編著)/向後 英紀(編著)
発行年月日:2004/04/10
ISBN-10:4762013102
ISBN-13:9784762013102
判型:A5
対象:専門
発行形態:全集叢書
内容:社会
ページ数:236ページ
縦:22cm

    学文社 新・現場からみた放送学 [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!