対象関係〈上〉 [単行本]

販売休止中です

    • 対象関係〈上〉 [単行本]

    • ¥4,400132ポイント(3%還元)
100000009001235690

対象関係〈上〉 [単行本]

価格:¥4,400(税込)
ポイント:132ポイント(3%還元)(¥132相当)
日本全国配達料金無料
出版社:岩波書店
販売開始日:2006/09/30
ご確認事項:返品不可

対象関係〈上〉 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    精神病に関する議論を踏まえ、フロイト精神分析理論の根幹をなす「象徴界」「想像界」「現実界」という区分に添って対象を捉えることで、欲望の形成と対象の成立がどのように関わるのかについて考察。エディプス・コンプレックスや去勢コンプレックスなど、語られることが多いにもかかわらず必ずしも十分理解されていないフロイトの概念について平易に解説。中後期ラカン理論において最も重要な鍵概念となる「対象a」という考え方を理解するうえで必須の前提となる議論を展開。上巻では、いかにして主体が成立し、欲望が生ずるのかをめぐって考察する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    対象欠如の理論(イントロダクション
    対象欠如の三形態
    シニフィアンと聖霊
    フラストレーションの弁証法
    「バンドリング」としての精神分析とその帰結)
    欲望のいくつかの倒錯的な道(ファルスの優位と若い同性愛女性
    『子供が叩かれる』と若い同性愛女性
    ドラと若い同性愛女性)
    フェティシズムの対象(ヴェールの機能
    ファルスへの同一化
    ファルスと満たされない母)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ラカン,ジャック(ラカン,ジャック/Lacan,Jacques)
    1901‐1981。フランスの精神分析家。パリに生まれ、パリ大学で精神医学を修め、主にパラノイアを研究。第二次大戦後、フロイト理論をラディカルに展開し、有名な「鏡像段階論」をはじめとする自我や無意識の構造主義的探究によって、精神の科学に新たなる地平を拓いた。1964年にはパリ・フロイト派を創設し、その後のフランス精神分析の隆盛に決定的な役割を果たす

    小出 浩之(コイデ ヒロユキ)
    1943年生まれ。精神科医。岐阜大学大学院医学系研究科・精神病理学分野教授

    鈴木 國文(スズキ クニフミ)
    1952年生まれ。精神科医。名古屋大学医学部保健学科教授、同大学学生相談総合センター長

    菅原 誠一(スガワラ セイイチ)
    1970年生まれ。精神科医。フランス政府給費留学生(パリ、サンタンヌ病院)

対象関係〈上〉 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:岩波書店
著者名:ジャック ラカン(著)/ジャック=アラン ミレール(編)/小出 浩之(訳)/鈴木 國文(訳)/菅原 誠一(訳)
発行年月日:2006/09/28
ISBN-10:4000237721
ISBN-13:9784000237727
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:心理学
ページ数:254ページ
縦:22cm
その他: 原書名: Le S´eminaire livre 4:LA RELATION D'OBJET〈Lacan,Jacques;Miller,Jacques-Alain〉

    岩波書店 対象関係〈上〉 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!