安全の探究―人・社会と巨大技術が構成するシステムの安全学とその実践 [単行本]
    • 安全の探究―人・社会と巨大技術が構成するシステムの安全学とその実践 [単行本]

    • ¥2,53076ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001236437

安全の探究―人・社会と巨大技術が構成するシステムの安全学とその実践 [単行本]

価格:¥2,530(税込)
ポイント:76ポイント(3%還元)(¥76相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:ERC出版
販売開始日: 2001/12/28
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

安全の探究―人・社会と巨大技術が構成するシステムの安全学とその実践 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    前半は、人と巨大システムの「安全学」について、後半は、安全学に沿って、実際に応用する方法を述べたものである。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1編 人・社会と巨大技術が構成するシステムの安全学(序論
    ヒューマンファクタから認知システム工学まで―21世紀におけるヒューマンマシン相互作用
    高度情報技術を導入したプラント監視制御における意思決定
    プラントについて人間と組織がなすべき意思決定とその複雑性
    人間―機械系のあり方から見た巨大システムの自動化
    組織知識管理とデータマイニング技術)
    第2編 安全学の実践(序論
    原子力プラント計装高度化における情報技術の役割
    現場のニーズに合致したヒューマンマシンインタフェースの提案
    事故時手順書表示の機械化
    保修技術力継承のための教育訓練支援システム
    原子力発電所内の案内誘導に関するサインシステム)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    北村 正晴(キタムラ マサハル)
    東北大学大学院工学研究科教授

    木村 逸郎(キムラ イツロウ)
    株式会社原子力安全システム研究所技術システム研究所所長

安全の探究―人・社会と巨大技術が構成するシステムの安全学とその実践 の商品スペック

商品仕様
出版社名:ERC出版
著者名:原子力安全システム研究所技術システム研究所(編)/北村 正晴(監修)/木村 逸郎(監修)
発行年月日:2001/12/21
ISBN-10:4900622273
ISBN-13:9784900622272
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:自然科学総記
ページ数:370ページ
縦:22cm
他のERC出版の書籍を探す

    ERC出版 安全の探究―人・社会と巨大技術が構成するシステムの安全学とその実践 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!