MONSTER<15>-記憶の扉(ビッグ コミックス) [コミック]

販売休止中です

    • MONSTER<15>-記憶の扉(ビッグ コミックス) [コミック]

    • ¥55517ポイント(3%還元)
100000009001244171

MONSTER<15>-記憶の扉(ビッグ コミックス) [コミック]

価格:¥555(税込)
ポイント:17ポイント(3%還元)(¥17相当)
日本全国配達料金無料
出版社:小学館
販売開始日: 2000/10/01
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

MONSTER<15>-記憶の扉(ビッグ コミックス) の 商品概要

  • 内容紹介

    ▼第1話/パーティー イズ オーバー▼第2話/悪魔を見た男▼第3話/悪魔の友だち▼第4話/知りすぎた男▼第5話/悲しみの再会▼第6話/ニナの記憶▼第7話/朗読会の思い出▼第8話/記憶の扉▼第9話/楽しい食卓
    ●登場人物/天馬賢三(脳神経外科医)、ヨハン・リーベルト(他人の命をもてあそぶように奪う“怪物”)、ニナ・フォルトナー(=アンナ・リーベルト、ヨハンの双子の妹)
    ●あらすじ/フランクフルトにたどり着いたテンマは、元婚約者エヴァのボディガード、マルティンに接近する。一方、“メガネの男”との契約により、ある男を探し出すため連日パーティーに出席していたエヴァは、マルティンに突然、「もうパーティーは終わり」と告げる…(第1話)。▼あるパーティー会場でおもむろにエヴァが指差した先にはヨハンの姿が…。“メガネの男”との契約を果たし、用済みとなったため、自らの死を覚悟するエヴァ。そして、彼女の前に現れたマルティンの右手には銃が握られていた…(第2話)。
    ●その他の登場キャラクター/エヴァ・ハイネマン(テンマの元婚約者)、ルンゲ警部(ドイツ連邦捜査局警部)、Dr.ライヒワイン(テンマの理解者)、ヴォルフ将軍(元東ドイツの情報将校)、マルティン(エヴァのボディーガード)、ペトル・チャペック(メガネの男)
    ●この巻の特徴/プラハにいるニナの記憶が遂に甦る!? 衝撃の事実が次々と明らかに!!

    図書館選書
    人の命を助けるはずのメスが、怪物を産み出すことになろうとは!! 激動のヨーロッパを舞台にした、戦慄のサイコ・サスペンスいよいよ発進。

MONSTER<15>-記憶の扉(ビッグ コミックス) の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:浦沢 直樹(著)
発行年月日:2000/10
ISBN-10:4091852750
ISBN-13:9784091852755
判型:B6
発行形態:コミック
内容:コミック・劇画
言語:日本語
ページ数:207ページ
縦:19cm
その他:記憶の扉
他の小学館の書籍を探す

    小学館 MONSTER<15>-記憶の扉(ビッグ コミックス) [コミック] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!