最新 発生工学総論 [単行本]
    • 最新 発生工学総論 [単行本]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001248397

最新 発生工学総論 [単行本]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:裳華房
販売開始日:2001/09/13
ご確認事項:返品不可

最新 発生工学総論 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    本書では、人口授精、胚移植とその関連技術としての配偶子や胚の凍結保存、性制御のためのX、Y精子の分離、胚の段階での雌雄胚の選別、また体外受精の項では、常法ならびに顕微授精法による体外受精について述べた。この他、初期胚の人為操作による一卵性多数子の生産については、胚の分断による双子生産、受精卵クローンと体細胞クローンにわけて解説した。また中・大型動物での形質転換については、この技術の発展の経過と現状について述べた。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 人工授精―精子の凍結保存
    2 胚移植、胚の凍結保存、胚の性判別
    3 体外受精
    4 顕微受精による体外受精
    5 クローニング―一卵性多数子の生産
    6 形質転換動物
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    入谷 明(イリタニ アキラ)
    1928年兵庫県に生まれる。京都大学農学部卒、同大学院博士課程終了、農学博士。助教授、教授を経て、1992年近畿大学教授。1999年日本学士院賞受賞。日本不妊学会理事長、日本受精着床学会理事長、国際家畜繁殖学会常任理事、副会長などを歴任。現在、京都大学名誉教授、近畿大学教授、同生物理工学部長、同先端技術総合研究所長、日本学士院会員

最新 発生工学総論 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:裳華房
著者名:入谷 明(著)
発行年月日:2001/09/05
ISBN-10:478535836X
ISBN-13:9784785358365
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:生物学
ページ数:107ページ
縦:21cm

    裳華房 最新 発生工学総論 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!