グランド・ブルテーシュ奇譚(光文社古典新訳文庫) [文庫]
    • グランド・ブルテーシュ奇譚(光文社古典新訳文庫) [文庫]

    • ¥74845ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月17日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001252150

グランド・ブルテーシュ奇譚(光文社古典新訳文庫) [文庫]

  • 5.0
価格:¥748(税込)
ポイント:45ポイント(6%還元)(¥45相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月17日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:光文社
販売開始日: 2009/09/08
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

グランド・ブルテーシュ奇譚(光文社古典新訳文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    妻の不貞に気づいた貴族の起こす猟奇的な事件を描いた表題作、黄金に取り憑かれた男の生涯を追う「ファチーノ・カーネ」、旅先で意気投合した男の遺品を恋人に届ける「ことづて」など、創作の才が横溢する短編集。ひとつひとつの物語が光源となって人間社会を照らし出す。
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    グランド・ブルテーシュ奇譚;ことづて;ファチーノ・カーネ;マダム・フィルミアーニ;書籍業の現状について
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    バルザック,オノレ・ド(バルザック,オノレド/Balzac,Honor´e de)
    1799‐1850。フランスの小説家。トゥール生まれ。17歳で代訴人の事務所に見習いとして入り、パリ大学法学部に通う。このころから文学者を志し、20歳のころパリ市内の屋根裏部屋に住んで小説を執筆し始める。人間を観察し、その心理を精密に描きつつ、社会全体をも映し出す長短編小説を次々に生み出し、巨大な作品群によってフランス社会そのものを表す「人間喜劇」を形成していく。旺盛な執筆活動の他に、年上の貴婦人たちと数々の浮き名を流したことでも知られる

    宮下 志朗(ミヤシタ シロウ)
    1947年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授。フランス文学者。ラブレー、モンテーニュ、ゾラ、バルザックなど、幅広いフランス文学を研究

グランド・ブルテーシュ奇譚(光文社古典新訳文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:光文社
著者名:オノレ・ド バルザック(著)/宮下 志朗(訳)
発行年月日:2009/09/20
ISBN-10:4334751865
ISBN-13:9784334751869
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:外国文学小説
ページ数:256ページ
縦:16cm
他の光文社の書籍を探す

    光文社 グランド・ブルテーシュ奇譚(光文社古典新訳文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!