ささがねの蜘蛛―意味不明の枕詞・神話を解いてわかる古代人の思考法(古事記・日本書紀・万葉集と古代タミル語の饗宴〈1〉) [単行本]

販売休止中です

    • ささがねの蜘蛛―意味不明の枕詞・神話を解いてわかる古代人の思考法(古事記・日本書紀・万葉集と古代タミル語の饗宴〈1〉) ...

    • ¥3,27899ポイント(3%還元)
100000009001252420

ささがねの蜘蛛―意味不明の枕詞・神話を解いてわかる古代人の思考法(古事記・日本書紀・万葉集と古代タミル語の饗宴〈1〉) [単行本]

価格:¥3,278(税込)
ポイント:99ポイント(3%還元)(¥99相当)
日本全国配達料金無料
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2008/12/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

ささがねの蜘蛛―意味不明の枕詞・神話を解いてわかる古代人の思考法(古事記・日本書紀・万葉集と古代タミル語の饗宴〈1〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「ささがね」という蜘蛛に掛かる枕詞がある。この枕詞は語義不詳とされ、時代が降るにしたがって、蜘蛛の異称と考えられるようになった。しかし、タミル語でこれを解釈すると、実に適切な意味があぶり出される。本書は古典に残るこれらの未詳語を中心に、タミル語でこれを解釈すると、いかに合理的に理解できるかを指摘したものである。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 日本語タミル語説で見えないものが見えてくる
    第2章 地名の由来がわかるタミル語による枕詞の解釈
    第3章 古廃語としての枕詞
    第4章 やすみしし大王と大王の都
    第5章 見事な技巧を駆使した歌
    第6章 日本語クレオールタミル語説の現状
    第7章 「豊」が積み重なってできた日本語数詞
    補章 k/t交替、特にタミル語kai(手)と日本語te(手)の対応について
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    田中 孝顕(タナカ タカアキ)
    1945年國學院大学卒業

ささがねの蜘蛛―意味不明の枕詞・神話を解いてわかる古代人の思考法(古事記・日本書紀・万葉集と古代タミル語の饗宴〈1〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:田中 孝顕(著)
発行年月日:2008/12/25
ISBN-10:4344016076
ISBN-13:9784344016071
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:487ページ
縦:20cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 ささがねの蜘蛛―意味不明の枕詞・神話を解いてわかる古代人の思考法(古事記・日本書紀・万葉集と古代タミル語の饗宴〈1〉) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!