縄文文化の起源をさぐる・小瀬ヶ沢・室谷洞窟(シリーズ「遺跡を学ぶ」〈037〉) [単行本]
    • 縄文文化の起源をさぐる・小瀬ヶ沢・室谷洞窟(シリーズ「遺跡を学ぶ」〈037〉) [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月30日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001257386

縄文文化の起源をさぐる・小瀬ヶ沢・室谷洞窟(シリーズ「遺跡を学ぶ」〈037〉) [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月30日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新泉社
販売開始日: 2007/05/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

縄文文化の起源をさぐる・小瀬ヶ沢・室谷洞窟(シリーズ「遺跡を学ぶ」〈037〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    縄文文化の起源を見極めたい―越後長岡の考古学者・中村孝三郎は、最古の遺物を追い求め、ついに新潟県・阿賀野川流域の山あいの洞窟遺跡にたどり着く。多くの苦難を乗り越えた探求の軌跡と、縄文時代草創期の文化を物語る二つの洞窟遺跡の全貌を明らかにする。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 最古の縄文文化を求めて(小瀬ヶ沢・室谷洞窟の発見
    越後長岡の考古学者・中村孝三郎
    小瀬ヶ沢・室谷洞窟に至る道のり)
    第2章 小瀬ヶ沢洞窟の発掘(未知なる遺物の発見
    草創期の多様な土器群
    旧石器と縄文の混交した石器群
    草創期の骨器と獣骨類
    石器工房か中継基地か)
    第3章 室谷洞窟の発掘(積み重なる土層を掘る
    つながった縄文土器の系譜
    縄文的な石器への転換
    骨角器類と多量の獣骨類
    多様な洞窟の利用形態)
    第4章 縄文文化の起源をさぐる(草創期の多様性と地域性
    広域にわたる移動と交流
    草創期研究のゆくえ
    遺跡・遺物の保存と活用)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小熊 博史(オグマ ヒロシ)
    1963年、新潟県栃尾市(現長岡市)生まれ。新潟大学人文学部卒。現在、長岡市立科学博物館考古研究室学芸員

縄文文化の起源をさぐる・小瀬ヶ沢・室谷洞窟(シリーズ「遺跡を学ぶ」〈037〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:新泉社
著者名:小熊 博史(著)
発行年月日:2007/05/31
ISBN-10:478770737X
ISBN-13:9784787707376
判型:A5
対象:教養
発行形態:単行本
内容:日本歴史
ページ数:93ページ
縦:21cm
他の新泉社の書籍を探す

    新泉社 縄文文化の起源をさぐる・小瀬ヶ沢・室谷洞窟(シリーズ「遺跡を学ぶ」〈037〉) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!