危ない中国―二十一世紀の危険信号 [単行本]

販売休止中です

    • 危ない中国―二十一世紀の危険信号 [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
100000009001258058

危ない中国―二十一世紀の危険信号 [単行本]

上田 愛彦(ほか著)重村 勝弘(ほか著)杉山 徹宗(ほか著)
価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
日本全国配達料金無料
出版社:光人社
販売開始日:2006/03/10
ご確認事項:返品不可

危ない中国―二十一世紀の危険信号 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    歴史認識、靖国参拝、国連安保理問題等の徹底した反日的言動。あくなき軍事力の増強と海洋進出。経済成長の一方でひろがる格差。ごまかしきれない一般大衆の不満。唯一残された共産体制下の自己矛盾をかかえる中国の対日戦略、情報戦、IT、核とミサイル、台湾問題など複眼的視野で読みとき、その危険度を直視した話題作。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 国家戦略―危険をはらむ中国の現状と動向
    第2章 対日外交戦略―捏造の近現代史で日本を貪る
    第3章 情報戦―サイバー部隊を大幅に増強
    第4章 情報通信技術(IT)―中国の情報通信技術は発展するか
    第5章 対アセアン戦略―パックス・シノニカを目指して
    第6章 陸軍戦力―情報化中心の近代化をめざす人民解放軍
    第7章 海軍戦力―中華帝国再興に向けた外洋海軍
    第8章 空軍戦力―ロシアの供与技術で近代化を急ぐ
    第9章 核戦力―世界覇権をめざす核と弾道ミサイル
    第10章 中台対決―台湾が侵攻される危険度は
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    上田 愛彦(ウエダ ナルヒコ)
    防大1期卒、元陸将、東北大学大学院博士課程修了、工学博士、陸上技術開発官、(財)DRC専務理事

    重村 勝弘(シゲムラ マサヒロ)
    防大10期卒、元陸将補、陸上自衛隊関東補給処長、DRC研究委員

    杉山 徹宗(スギヤマ カツミ)
    慶応大卒、ウイスコンシン大学大学院修士課程修了、明海大学教授、法学博士、DRC評議員兼研究委員

危ない中国―二十一世紀の危険信号 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:光人社
著者名:上田 愛彦(ほか著)/重村 勝弘(ほか著)/杉山 徹宗(ほか著)
発行年月日:2006/04/06
ISBN-10:4769812965
ISBN-13:9784769812968
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:228ページ
縦:19cm

    光人社 危ない中国―二十一世紀の危険信号 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!