リレーションシップバンキングと地域金融 [単行本]
    • リレーションシップバンキングと地域金融 [単行本]

    • ¥4,320130ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001259436

リレーションシップバンキングと地域金融 [単行本]

価格:¥4,320(税込)
ポイント:130ポイント(3%還元)(¥130相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本経済新聞社
販売開始日:2007/05/17
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 314372位

リレーションシップバンキングと地域金融 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    地方の再生は、今日の日本における最大の政策課題の一つだ。地方停滞の原因である「金融市場分断による競争の欠如」をどう打破するか。最新データを駆使して実証的に分析し、併せてガバナンス、金融法、BIS規制など幅広い視点からも論じた地域金融分析の決定版。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    今、なぜ中小企業金融・地域金融が重要なのか
    第1部 リレーションシップバンキング―理論と日本の現状(リレーションシップバンキングの経済学
    リレーションシップバンキング機能は強化されたか―関西地域企業アンケートに基づく分析
    地域金融市場の競争度と新規参入企業の融資利用可能性
    リレーションシップバンキングはどのような場合に中断されるのか―関西地域における実証分析)
    第2部 地域の金融市場と金融機関―競争政策の必要(地域分断と非効率性
    沖縄県の相対的な高金利―全国との比較による計量分析
    地方銀行パフォーマンスと地域経済―地域における「金融深化」とは
    地域銀行のガバナンス
    協同組織金融機関の「地区」に関する考察
    BIS規制と金融機関の貸出行動)
    地域金融の活性化に向けて―課題と展望
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    筒井 義郎(ツツイ ヨシロウ)
    1950年東京都生まれ。74年、東京教育大学理学部卒業。名古屋市立大学経済学部助教授、米国エール大学客員研究員、大阪大学経済学部教授などを経て、現在、大阪大学社会経済研究所教授、附属行動経済学研究センター長。大阪大学経済学博士。専攻は金融論、行動経済学。主要業績『金融市場と銀行業』(東洋経済新報社、1988年、日経・経済図書文化賞受賞)

    植村 修一(ウエムラ シュウイチ)
    1956年福岡県生まれ。79年、東京大学法学部卒業、日本銀行入行。調査統計局経済調査課長、大分支店長、独立行政法人経済産業研究所上席研究員などを経て、現在、日本銀行金融機構局参事役上席考査役

リレーションシップバンキングと地域金融 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本経済新聞出版社
著者名:筒井 義郎(編)/植村 修一(編)
発行年月日:2007/05/15
ISBN-10:4532133327
ISBN-13:9784532133320
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:経済・財政・統計
ページ数:319ページ
縦:22cm

    日本経済新聞社 リレーションシップバンキングと地域金融 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!