刑罰に脅かされる表現の自由―NGO・ジャーナリストの知る権利をどこまで守れるか?(GENJINブックレット〈57〉) [単行本]
    • 刑罰に脅かされる表現の自由―NGO・ジャーナリストの知る権利をどこまで守れるか?(GENJINブックレット〈57〉) [...

    • ¥1,10033ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001264712

刑罰に脅かされる表現の自由―NGO・ジャーナリストの知る権利をどこまで守れるか?(GENJINブックレット〈57〉) [単行本]

価格:¥1,100(税込)
ポイント:33ポイント(3%還元)(¥33相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:大学図書
販売開始日: 2009/11/15
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

刑罰に脅かされる表現の自由―NGO・ジャーナリストの知る権利をどこまで守れるか?(GENJINブックレット〈57〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    2008年5月、国際環境NGOグリーンピース・ジャパン職員が、調査捕鯨船団乗組員による組織的横領の証拠としてクジラ肉を持ち出した行為について、窃盗等の容疑で逮捕された。本書は、警察・検察・報道機関等によって事件の本質が隠され、真の民主主義を支えるジャーナリスト・NGOの調査活動を含む市民の表現の自由が危機に瀕していることを警告する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 「クジラ肉裁判」とは何か?(“調査捕鯨”の不正を告発して逮捕―何が起きたのか?
    NGO活動家にはジャーナリストと同様の調査活動の自由がある―クジラ肉裁判における弁護側の自由権規約に基づく主張)
    第2部 ヨーロッパ人権裁判所の判例に学ぶ―ジャーナリストとNGOの表現の自由はどこまで守れるか?(デレク・フォルホーフ氏による講演から
    講演会における質疑応答から)
    第3部 鼎談 クラジラ肉裁判の隠された本質(事件に対する一般社会の冷たい反応とクジラ肉裁判の体による調査活動はどこまで許されるか?
    刑事司法という権力にさらされて
    クジラ肉裁判の隠された本質的問題とは?
    表現の自由・知る権利の本当の意味
    むすびに―私たちは今後どうするか?)

刑罰に脅かされる表現の自由―NGO・ジャーナリストの知る権利をどこまで守れるか?(GENJINブックレット〈57〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:現代人文社
著者名:グリーンピース・ジャパン(編)/海渡 雄一(監修)
発行年月日:2009/11/15
ISBN-10:4877984321
ISBN-13:9784877984328
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
ページ数:78ページ
縦:21cm
他の大学図書の書籍を探す

    大学図書 刑罰に脅かされる表現の自由―NGO・ジャーナリストの知る権利をどこまで守れるか?(GENJINブックレット〈57〉) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!