丸山眞男話文集〈4〉 [全集叢書]
    • 丸山眞男話文集〈4〉 [全集叢書]

    • ¥5,280159ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001268199

丸山眞男話文集〈4〉 [全集叢書]

価格:¥5,280(税込)
ポイント:159ポイント(3%還元)(¥159相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:みすず書房
販売開始日:2009/03/23
ご確認事項:返品不可

丸山眞男話文集〈4〉 [全集叢書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    第4巻には、日本学士院論文報告「福沢諭吉の“脱亜論”とその周辺」「福沢における“惑溺”という言葉」や、中国人留学生の質問に答えた「儒学・近代化・民主主義」「天安門事件の後に」、師の著作集の「解説」を書くために、ヒヤリングを行った「聞き書 南原繁『政治理論史』」、二本のスピーチ「私にとっての安藤仁兵衛君」、追悼文4本など、全13編を収録する。全4巻完結。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    福沢諭吉の「脱亜論」とその周辺―日本学士院論文報告(一九八〇年九月)
    福沢における「惑溺」という言葉―日本学士院論文報告(一九八四年四月)
    戦争観の変化と東アジアの近代化―伊豆山でのもうひとつの対話(一九八八年六月)
    「権力の偏重」をめぐって(一九八八年八月)
    儒学・近代化・民主主義―中国人留学生の質問に答える第一回(一九八八年一〇月)
    天安門事件の後に―中学人留学生の質問に答える第二回(一九八九年六月)
    秋陽会記―主権国家・世界秩序・二一世紀の人権問題(一九九一年一一月)
    聞き書南原繁『政治理論史』―『南原繁著作集』第四巻「解説」のために(一九七三年四月)
    私にとっての安藤仁兵衛君(一九七七年四月/一九七八年一二月)
    旧制最後の学生―追悼・中瀬信治(一九七九年六月)
    木村先生の思い出(一九八〇年四月)
    弔文―追悼・副島種典(一九九一年五月)
    弔文―追悼・寺田熊雄(一九九七年四月)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    丸山 眞男(マルヤマ マサオ)
    1914年大阪に生まれる。1937年東京大学法学部卒業。1940年助教授、1950年教授。1961‐62年ハーバード大学特別客員教授。1962‐63年オックスフォード・セント・アントニーズ・カレッジ客員教授。1971年退官。1975‐76年プリンストン高等学術研究所員。1996年8月15日没

丸山眞男話文集〈4〉 [全集叢書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:丸山 眞男(著)/丸山眞男手帖の会(編)
発行年月日:2009/03/19
ISBN-10:4622073846
ISBN-13:9784622073840
判型:B6
対象:教養
発行形態:全集叢書
内容:政治含む国防軍事
ページ数:478ページ ※451,27P
縦:20cm

    みすず書房 丸山眞男話文集〈4〉 [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!