自然との和解への道〈下〉(エコロジーの思想) [単行本]
    • 自然との和解への道〈下〉(エコロジーの思想) [単行本]

    • ¥3,08093ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001268283

自然との和解への道〈下〉(エコロジーの思想) [単行本]

価格:¥3,080(税込)
ポイント:93ポイント(3%還元)(¥93相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:みすず書房
販売開始日: 2006/01/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

自然との和解への道〈下〉(エコロジーの思想) [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    人間と動植物を、受苦能力と利益の観点から平等とみなす、自然の法共同体とは何か。自然を支配する知としての科学技術は、近代においていかに発展してきたのか。一般社会に責任をもち、知るに値する学問はどうあるべきか。人間が自然に所属していることを、感性的に経験する仕方とは。社会民主主義勢力と保守勢力が、ともに手を携えて自然との和解をめざす政治文化を、これからいかに築いていくのか。自然的共世界の権利から、自然との和解という政治目標まで、歴史と将来におよぶ広大な展望のもとで粘り強く思索する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    2部 自然との和解の条件(続き)(市民的法治国家から自然の法共同体へ)
    3部 自然の非暴力的理解への道で(権力の第三段階で―科学と技術の政治的射程
    学問の自由の正しい使用について
    自然的共世界の理解―感性的教養とより自然的な技術のチャンス
    自然との和解の政治的チャンス)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    マイヤー=アービッヒ,クラウス(マイヤーアービッヒ,クラウス/Meyer-Abich,Klaus Michael)
    1936年ハンブルク生まれ。哲学博士。1972年から2001年までエッセン大学で自然哲学を講じ、現在はエッセン大学名誉教授。1964‐1969年、ハンブルク大学でカール・フリードリッヒ・フォン・ヴァイツゼッカーの研究協力者。1970‐1972年、マックス・プランク研究所にて研究。1976‐1981年、ドイツ研究者連盟(VDW)会長。1979‐1982年、ドイツ連邦議会「将来の核エネルギー政策」審議会委員。1984‐1987年、ハンブルク市の「科学と研究」のための大臣。1987‐1994年、ドイツ連邦議会「大気圏保護」審議会委員。1989‐1996年、ノルトライン・ヴェストファーレン州科学センターの文化学研究所で「自然の文化史」研究のリーダーとして、このプロジェクトを指導。専門領域は、実践的自然哲学、自然の文化史

    山内 廣隆(ヤマウチ ヒロタカ)
    広島大学大学院文学研究科教授(応用倫理・哲学講座)。文学博士。1949年鹿児島市生まれ。広島大学大学院文学研究科博士課程後期単位取得退学(西洋近世哲学専攻)。比治山女子短期大学、比治山大学助教授、1996年広島大学助教授を経て、現職。その間ミュンスター大学客員研究員(1998‐1999年)

自然との和解への道〈下〉(エコロジーの思想) [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:クラウス マイヤー=アービッヒ(著)/山内 廣隆(訳)
発行年月日:2006/01/23
ISBN-10:4622081644
ISBN-13:9784622081647
判型:B6
対象:教養
発行形態:単行本
内容:哲学
ページ数:285ページ ※265,20P
縦:20cm
その他: 原書名: WEGE ZUM FRIEDEN MIT DER NATUR:Praktische Naturphilosophie f¨ur die Umweltpolitik〈Meyer-Abich,Klaus Michael〉
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 自然との和解への道〈下〉(エコロジーの思想) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!