「奥の細道」をよむ(ちくま新書) [新書]
    • 「奥の細道」をよむ(ちくま新書) [新書]

    • ¥92428ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001269505

「奥の細道」をよむ(ちくま新書) [新書]

  • 4.0
価格:¥924(税込)
ポイント:28ポイント(3%還元)(¥28相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:筑摩書房
販売開始日: 2007/06/07
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

「奥の細道」をよむ(ちくま新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    芭蕉にとって、『おくのほそ道』とはなんだったのか。六百里、百五十日に及ぶ旅程は歌仙の面影を移す四つの主題に分けられる。出立から那須野までの禊、白河の関を過ぎてみちのくを辿る歌枕巡礼、奥羽山脈を越え日本海沿岸で得た宇宙への感応、さまざまな別れを経て大垣に至る浮世帰り。そして芭蕉は大いなる人生観と出遭う。すなわち、不易流行とかるみ。流転してやまない人の世の苦しみをどのように受け容れるのか。全行程を追体験しながら、その深層を読み解く。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 「かるみ」の発見
    第2章 なぜ旅に出たか
    第3章 『おくのほそ道』の構造
    第4章 旅の禊―深川から蘆野まで
    第5章 歌枕巡礼―白河の関から平泉まで
    第6章 太陽と月―尿前の関から越後まで
    第7章 浮世帰り―市振の関から大垣まで
    エピローグ―その後の芭蕉
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    長谷川 櫂(ハセガワ カイ)
    1954年熊本県生まれ。俳人。東京大学法学部卒業。読売新聞記者を経て、創作活動に専念。俳句結社「古志」主宰。東海大学特任教授。朝日新聞「朝日俳壇」、および「NHK俳句」選者を務める。読売新聞朝刊にコラム「四季」連載中。句集『虚空』(花神社)で読売文学賞、評論集『俳句の宇宙』(同)でサントリー学芸賞、中村草田男賞受賞

「奥の細道」をよむ(ちくま新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:筑摩書房
著者名:長谷川 櫂(著)
発行年月日:2007/06/10
ISBN-10:4480063668
ISBN-13:9784480063663
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学詩歌
ページ数:253ページ
縦:18cm
他の筑摩書房の書籍を探す

    筑摩書房 「奥の細道」をよむ(ちくま新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!