未来学原論―21世紀の地球との対話 復刻版 [単行本]
    • 未来学原論―21世紀の地球との対話 復刻版 [単行本]

    • ¥5,170156ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001269692

未来学原論―21世紀の地球との対話 復刻版 [単行本]

  • 5.0
価格:¥5,170(税込)
ポイント:156ポイント(3%還元)(¥156相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:国書刊行会
販売開始日: 2010/10/04
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

未来学原論―21世紀の地球との対話 復刻版 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    いまだ知られざる歴史哲学者・仲小路彰は、東京帝大哲学科時代、井上哲次郎、姉崎正治、和辻哲郎ら教授陣に「天才」と言わしめた。昭和22年に「未来学」「地球主義(グローバリズム)」という言葉と概念を使い、驚くべき壮大な体系的構想力で21世紀の日本の進路と世界の未来像を描いた。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    諸言 「未来学原論」発刊のために―未来学体系の一部とシて
    第1部 理論篇(未来文明創造の原型としての日本文化―二十一世紀世界の中核的媒体
    未来科学のグローバリズム的構成―文明革命の著導的原理と基本的主題
    綜合人間学について―人間革命の全体像のために
    現代文明心理研究と未来的心理分析―高次深層心理の問題
    未来観哲学の確立―いかになるか(would be)ではなく、いかになるべきか(should be)を予測する未来学の理論的基礎づけ
    原子力文明は生存しうるか―恐怖の世紀の呪縛のなかの西欧文明の未来的運命)
    第2部 実現篇(二十一世紀の理想と現実―現代総人口の三分の二はすでに二十一世紀人である
    地球的人間から宇宙的人間へ―グローバリズムからコスミカリズへ
    未来情報世界創造へのデザイン―未来文明の全感覚的触手スペシャリストよりグローバリストへ
    破滅か創造かの未来地球像―地球楽園か地球地獄か
    新しき地球信仰の照応―信仰の賭けはなされ、そしてそれは確率的に実現する。人類は何に賭けようとするのか)
    結びにかえて 明治百年に際しての二つの提案
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    仲小路 彰(ナカショウジ アキラ)
    明治34年(1901)東京生まれ。大正6年(1917)第五高等学校入学、大正13年、東京帝国大学文学部哲学科卒。大正11年(1922)東京帝大在学中に、長編戯曲「砂漠の光」を新光社より刊行。昭和16年(1941)(財)日本世界文化復興会(終戦後、文化建設会と改称)を設立。昭和21年(1946)渋沢敬三・川添浩史等と(財)文化建設会の地球文化研究所設立。昭和59年(1984)9月1日、半生を過ごした山中湖村で死去

未来学原論―21世紀の地球との対話 復刻版 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:国書刊行会
著者名:仲小路 彰(著)
発行年月日:2010/10/04
ISBN-10:4336053170
ISBN-13:9784336053176
判型:B5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
ページ数:577ページ
縦:23cm
他の国書刊行会の書籍を探す

    国書刊行会 未来学原論―21世紀の地球との対話 復刻版 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!