ムダとり―現場の変革、最強の経営(幻冬舎文庫) [文庫]
    • ムダとり―現場の変革、最強の経営(幻冬舎文庫) [文庫]

    • ¥58618ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年3月7日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001270339

ムダとり―現場の変革、最強の経営(幻冬舎文庫) [文庫]

価格:¥586(税込)
ポイント:18ポイント(3%還元)(¥18相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年3月7日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2009/02/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ムダとり―現場の変革、最強の経営(幻冬舎文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    工場再建のプロとして、ソニー、キャノン、トステム、スタンレー電気など大手企業の現場を救ってきた改善のノウハウを伝授。リードタイムの短縮、セル生産方式の導入、小ロット化と平準化など、生産効率アップのための現場改革とは?常識破りの工場経営が、「ものづくり」を救う。脱大量生産・脱分業を唱える究極のトヨタ生産方式が明らかに。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 「ムダとり」とはなにか(顧客に一番近いところから見る
    三メートル離れて読めない情報は意味がない ほか)
    第2章 脱「大量生産=分業」宣言(「モノづくり」への目覚め
    大量生産のための組織化 ほか)
    第3章 「ムダとり」を成功させる経営とは(口は一つで、耳は二つ
    顧客との接点を見れば企業がわかる ほか)
    第4章 なぜあなたにはムダが見えないのか(ムダとは駄賃がもらえないこと
    人間の動作そのものがムダを生む ほか)
    第5章 常識を打ち破らなければ組織は変わらない(指示待ちの姿勢はもうやめよ
    失敗を反省する「ムダとり」 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    山田 日登志(ヤマダ ヒトシ)
    1939年、岐阜県生まれ。岐阜県生産性本部を経て、78年にPEC産業教育センター設立。トヨタ生産方式の創始者故大野耐一氏から教えを受け、三三〇社以上の現場改善を推進。NHK『プロフェッショナル仕事の流儀』をはじめ、マスコミでも話題となる

ムダとり―現場の変革、最強の経営(幻冬舎文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:山田 日登志(著)
発行年月日:2009/02/10
ISBN-10:4344412672
ISBN-13:9784344412675
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:218ページ
縦:16cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 ムダとり―現場の変革、最強の経営(幻冬舎文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!