あぶさん<7>-繩のれん(ビッグ コミックス) [コミック]
    • あぶさん<7>-繩のれん(ビッグ コミックス) [コミック]

    • ¥53316ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001271560

あぶさん<7>-繩のれん(ビッグ コミックス) [コミック]

価格:¥533(税込)
ポイント:16ポイント(3%還元)(¥16相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 1976/01/01
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

あぶさん<7>-繩のれん(ビッグ コミックス) の 商品概要

  • 内容紹介

    酔いどれの代打屋・あぶさんを通し、悲喜こもごもの人生を描く巨篇!

    ▼第1話/サヨナラ10塁打▼第2話/眠れる酒の美女▼第3話/縄のれん▼第4話/4番捕手40歳▼第5話/ブルペン▼第6話/5,000メートル▼第7話/軟球の夢▼第8話/ピンチバット▼第9話/月見で一杯 ●登場人物/景浦安武(通称あぶさん。南海ホークスの代打専門打者)、桂木虎次郎(大衆酒場・大虎の主人でタイガースファン)、サチ子(虎次郎の娘) ●あらすじ/太平洋クラブライオンズとの試合で、あぶはベンチからのサインを見逃してしまう。試合後、ぶらりと立ち寄った縄のれんであぶはライオンズの江藤、土井に出会い、素晴らしいアドバイスを贈られる(第3話)。▼40歳にして現役を続ける、南海ホークスの監督兼捕手・野村克也。彼の緻密な計算と大胆な選手起用は、常にプロ野球フアンを魅了していた(第4話)。 ●本巻の特徴/第7巻では他チームの選手とあぶとの交流や、登板に備えてブルペンで練習を続けるリリーフ投手の姿が細やかに描かれており、プロ野球、特にパ・リーグに対する著者の深い愛情が感じられる。 ●その他の登場のキャラクター/太平洋クラブライオンズ・江藤、土井(第3話)

    図書館選書
    酒とバットをひっさげて一打席に命を燃やす景浦安武の代打屋人生。あらゆる世代を魅了する超ベストセラー。

あぶさん<7>-繩のれん(ビッグ コミックス) の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:水島 新司(著)
発行年月日:1976/01
ISBN-10:4091800173
ISBN-13:9784091800176
判型:B6
発行形態:コミック
内容:コミック・劇画
言語:日本語
ページ数:236ページ
縦:19cm
その他:繩のれん
他の小学館の書籍を探す

    小学館 あぶさん<7>-繩のれん(ビッグ コミックス) [コミック] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!