日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ(新潮文庫) [文庫]
    • 日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ(新潮文庫) [文庫]

    • ¥73723ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年12月12日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001272080

日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ(新潮文庫) [文庫]

  • 5.0
価格:¥737(税込)
ポイント:23ポイント(3%還元)(¥23相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年12月12日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新潮社
販売開始日: 2008/10/27
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ(新潮文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    お茶を習い始めて二十五年。就職につまずき、いつも不安で自分の居場所を探し続けた日々。失恋、父の死という悲しみのなかで、気がつけば、そばに「お茶」があった。がんじがらめの決まりごとの向こうに、やがて見えてきた自由。「ここにいるだけでよい」という心の安息。雨が匂う、雨の一粒一粒が聴こえる…季節を五感で味わう歓びとともに、「いま、生きている!」その感動を鮮やかに綴る。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    茶人という生きもの
    「自分は何も知らない」ということを知る
    頭で考えようとしないこと
    「今」に気持ちを集中すること
    見て感じること
    たくさんの「本物」を見ること
    季節を味わうこと
    五感で自然とつながること
    今、ここにいること
    自然に身を任せ、時を過ごすこと
    このままでよい、ということ
    別れは必ずやってくること
    自分の内側に耳をすますこと
    雨の日は、雨を聴くこと
    成長を待つこと
    長い目で今を生きること
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    森下 典子(モリシタ ノリコ)
    1956(昭和31)年、神奈川県横浜市生れ。日本女子大学文学部国文学科卒業。大学時代から「週刊朝日」連載の人気コラム「デキゴトロジー」の取材記者として活躍。その体験をまとめた『典奴どすえ』を’87年に出版後、ルポライター、エッセイストとして活躍を続ける

日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ(新潮文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:新潮社
著者名:森下 典子(著)
発行年月日:2008/11/01
ISBN-10:410136351X
ISBN-13:9784101363516
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:252ページ
縦:16cm
横:11cm
厚さ:1cm
重量:130g
他の新潮社の書籍を探す

    新潮社 日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ(新潮文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!