米国特許法―判例による米国特許法の解説 改訂版 (現代産業選書―知的財産実務シリーズ) [単行本]
    • 米国特許法―判例による米国特許法の解説 改訂版 (現代産業選書―知的財産実務シリーズ) [単行本]

    • ¥7,480225ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年12月9日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001283825

米国特許法―判例による米国特許法の解説 改訂版 (現代産業選書―知的財産実務シリーズ) [単行本]

価格:¥7,480(税込)
ポイント:225ポイント(3%還元)(¥225相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年12月9日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:経済産業調査会
販売開始日: 2010/10/29
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

米国特許法―判例による米国特許法の解説 改訂版 (現代産業選書―知的財産実務シリーズ) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    最近の判例を中心に、初版では紹介できなかった考え方を示している判例や、米国特許制度に特有な情報開示義務制度に伴う不均衡な行為に関する判例等も掲載。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    米国の法制度と特許法
    主な特許関係の訴訟の流れ
    米国特許法の基本的考え
    発明の特許性
    明細書の記載要件
    特許商標庁とのやりとり
    出願に際しての不衡平な行為(情報開示義務違反等)
    特許後の手続き
    特許商標庁の行なった手続きに対する訴え
    所有権と譲渡
    特許侵害
    特許侵害に対する抗弁(特許権の不行使)
    特許侵害に対する救済、その他
    権利の消尽
    特許法と州法との関係
    ライセンス
    CEFCの裁判管轄権
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    山下 弘綱(ヤマシタ ヒロツナ)
    1978年3月九州大学工学部造船学科卒業。1978年4月特許庁入庁(1982年4月審査官)。1986年9月~米国ジョージア工科大学留学(1987年8月帰国)。1988年11月~1989年3月世界知的財産機関(WIPO)コンサルタント。1993年7月~1996年6月知的財産研究所ワシントン事務所所長。1996年7月~2005年7月室長、審査長、審判長などを歴任し、2005年7月特許庁退職。2008年5月米国Franklin Pierce Law Center卒業(Juris Doctor)

米国特許法―判例による米国特許法の解説 改訂版 (現代産業選書―知的財産実務シリーズ) の商品スペック

商品仕様
出版社名:経済産業調査会
著者名:山下 弘綱(編著)
発行年月日:2010/10/29
ISBN-10:4806528617
ISBN-13:9784806528616
判型:A5
対象:実用
発行形態:単行本
内容:社会科学総記
ページ数:744ページ
縦:21cm
他の経済産業調査会の書籍を探す

    経済産業調査会 米国特許法―判例による米国特許法の解説 改訂版 (現代産業選書―知的財産実務シリーズ) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!