米国発明法とその背景―19世紀以来の特許制度改革(現代産業選書―知的財産実務シリーズ) [単行本]
    • 米国発明法とその背景―19世紀以来の特許制度改革(現代産業選書―知的財産実務シリーズ) [単行本]

    • ¥3,08093ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001283828

米国発明法とその背景―19世紀以来の特許制度改革(現代産業選書―知的財産実務シリーズ) [単行本]

価格:¥3,080(税込)
ポイント:93ポイント(3%還元)(¥93相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:経済産業調査会
販売開始日: 2012/06/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

米国発明法とその背景―19世紀以来の特許制度改革(現代産業選書―知的財産実務シリーズ) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    先願主義の採用をはじめとした、米国特許制度改革の背景から、米国発明法の主要な規定内容までを詳細に解説。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 米国における特許制度の変遷(建国とともに歩む特許制度
    大恐慌とアンチパテント
    プロパテント時代の到来)
    第2章 21世紀の特許制度改革に向けた動き(制度改革に向けた主要なプレーヤー
    質重視と訴訟軽減、制度調和の要請)
    第3章 特許改革法(米国発明法)の成立(19世紀以来の抜本改革)(発明者先願主義の採用
    特許付与後異議申立制度の導入
    訴訟における無効抗弁の制限
    USPTOの組織強化と運用改善)
    第4章 最高裁における司法的解決(eBay事件、KSR事件)
    資料 米国発明法原文
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    澤井 智毅(サワイ トモキ)
    1987年筑波大学大学院修了、特許庁入庁。審査官・審判官として特許審査審判業務に従事するとともに、カリフォルニア大学デービス校、特許庁総務課、情報システム課、国際課、調整課等で企画立案・調整業務、国際交渉業務を担当。2005年日本貿易振興機構ニューヨーク知的財産部長、知的財産研究所ワシントン事務所所長、特許庁に帰任後、2008年情報技術企画室長、2010年審査監理官。2011年1月より国際課長(経済産業研究所コンサルティングフェロー兼務)

米国発明法とその背景―19世紀以来の特許制度改革(現代産業選書―知的財産実務シリーズ) の商品スペック

商品仕様
出版社名:経済産業調査会
著者名:澤井 智毅(著)
発行年月日:2012/06/30
ISBN-10:4806528951
ISBN-13:9784806528951
判型:A5
対象:実用
発行形態:単行本
内容:社会科学総記
ページ数:294ページ
縦:21cm
他の経済産業調査会の書籍を探す

    経済産業調査会 米国発明法とその背景―19世紀以来の特許制度改革(現代産業選書―知的財産実務シリーズ) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!