世界美術大全集 東洋編〈第16巻〉西アジア [全集叢書]
    • 世界美術大全集 東洋編〈第16巻〉西アジア [全集叢書]

    • ¥30,800924ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001289128

世界美術大全集 東洋編〈第16巻〉西アジア [全集叢書]

価格:¥30,800(税込)
ポイント:924ポイント(3%還元)(¥924相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2000/01/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

世界美術大全集 東洋編〈第16巻〉西アジア [全集叢書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    粘土板に刻まれた楔型文字は世界最古の文明の襞を語る!シュメールの都ウル、ハンムラピ法典碑で知られるバビロン、“帝王ライオン狩り”浮彫りがあるアッシリアのニネヴェ、アレクサンドロス大王により破壊されたペルセポリス、ローマにより滅亡したシリアのパルミラ。今、メソポタミア、アナトリア、イランの古代都市が甦る!数奇の運命をたどり、シュリーマンが発掘したトロイの黄金製品、ロシアの協力により日本初公開。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    総論 古代西アジアの美術―メソポタミアを中心として
    メソポタミア
    古代メソポタミアの宗教建築
    円筒印章
    アナトリアの美術
    イラン
    アケメネス朝ペルシアの美術
    ヘレニズム美術の東方伝播と変容
    ササン朝ペルシアの美術
    テーマ特集 西アジアの先史美術
  • 内容紹介

    四大文明の一つ、西アジアに発祥した華麗な美術品の数々が甦る。

    現在「中近東」とも呼ばれているイラン、イラク、シリア、トルコを含む西アジアは、今から約5千年前ティグリス・ユーフラテス河沿いにメソポタミア文明が発祥した。多くの民族、王国の盛衰の中でその文明は東西へと伝播した。 空中庭園で有名なバビロン、シュリーマン発掘のトロイの黄金製品、隊商都市パルミラ、ダリウス1世の王宮ペルセポリスなどの遺構から出土した浮彫り、壁画、彫像、黄金・装飾品の数々。ハンムラピ法典碑や粘土板にきざまれた楔形文字が語りかける史料は、西アジアの文明の壮大さをわれわれに訴える。 これまで紹介されることの少なかった西アジアの美術品をカラー口絵299点、挿図349点を掲載し、美術ファンには見逃せない内容です。

    図書館選書
    ティグリス・ユーフラテス河沿いに発祥したメソポタミア文明は、さまざまな民族、王国の盛衰のなかで東西世界へと拡がり、数千年を経た現在もその美術品は輝く。新撮の写真と本文で西アジア美術を紹介する。

世界美術大全集 東洋編〈第16巻〉西アジア [全集叢書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:田辺 勝美(編)/松島 英子(編)
発行年月日:2000/02/20
ISBN-10:4096010669
ISBN-13:9784096010662
判型:規大
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:芸術総記
言語:日本語
ページ数:466ページ
縦:37cm
横:26cm
その他:西アジア
他の小学館の書籍を探す

    小学館 世界美術大全集 東洋編〈第16巻〉西アジア [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!