かなづかい入門―歴史的仮名遣vs現代仮名遣(平凡社新書) [新書]

販売休止中です

    • かなづかい入門―歴史的仮名遣vs現代仮名遣(平凡社新書) [新書]

    • ¥81425ポイント(3%還元)
100000009001295047

かなづかい入門―歴史的仮名遣vs現代仮名遣(平凡社新書) [新書]

価格:¥814(税込)
ポイント:25ポイント(3%還元)(¥25相当)
日本全国配達料金無料
出版社:平凡社
販売開始日:2008/06/17
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 672947位

かなづかい入門―歴史的仮名遣vs現代仮名遣(平凡社新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    旧かな愛好者たちが言うように、いまや定着した「現代仮名遣」は日本語の伝統を破壊する蛮行なのか?けれども、定家にはじまり、契沖が大きくすすめた「仮名遣」の歴史をふりかえってみれば、貫之だって空海だって、紫式部の兼好も西鶴も、「歴史的仮名遣」で書いているわけではない。「仮名遣」は表記の規則―あたりまえの立場から「かなづかひ」をめぐる誤解と幻想のもやをはらう。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 仮名遣以前―日本語の音とその表記の歴史
    第2章 生みの親は定家―仮名遣の誕生
    第3章 学問的根拠は絶対か―定家仮名遣の論理
    第4章 いにしえびととの交感―契沖仮名遣の世界
    第5章 悪魔の規範―歴史的仮名遣の非実用性
    第6章 残された課題―現代仮名遣解説
    第7章 伝統を捏造するな―文化人たちのノスタルジー
    第8章 新仮名遣で古典を書く―表記の規則だから
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    白石 良夫(シライシ ヨシオ)
    1948年愛媛県西条市生まれ。九州大学文学部卒業、同大学院修士課程修了。大学教員を数年勤めたのち、83年に文部省(現文部科学省)入省。以来、国語教科書の検定に従事しながら、研究活動をつづける。現在、主任教科書調査官。博士(文学)。専攻は国語国文学

かなづかい入門―歴史的仮名遣vs現代仮名遣(平凡社新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:平凡社
著者名:白石 良夫(著)
発行年月日:2008/06/13
ISBN-10:4582854265
ISBN-13:9784582854268
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本語
ページ数:238ページ
縦:18cm

    平凡社 かなづかい入門―歴史的仮名遣vs現代仮名遣(平凡社新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!