わたしたちのアジア・太平洋戦争〈1〉広がる日の丸の下で生きる [全集叢書]
    • わたしたちのアジア・太平洋戦争〈1〉広がる日の丸の下で生きる [全集叢書]

    • ¥3,630109ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001296210

わたしたちのアジア・太平洋戦争〈1〉広がる日の丸の下で生きる [全集叢書]

価格:¥3,630(税込)
ポイント:109ポイント(3%還元)(¥109相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:童心社
販売開始日: 2004/03/08
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

わたしたちのアジア・太平洋戦争〈1〉広がる日の丸の下で生きる の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    侵略によって日本がアジア支配を拡大していった時代に、日本国内ではおとなも子どもも、どのように戦争体制に組みこまれていったか。アジアの人びとは、日本の戦争によって、どのように苦難の生活を強いられたか。以上を中心に、日本国内はもとより、中国、韓国のかたをはじめとした、アジア諸国のさまざまなかたがたの体験を紹介している。第一章では、「アジア・太平洋戦争(一九三一年から一九四五年)のなかで育った」ともいえる古田足日の、その時代の下で、いかにして軍国主義にそまっていったかという体験などが語られている。また、第二章には主に日本のかたの体験、第三章には、アジア諸国のかたがたが語ってくださった、日本のアジア支配による、さまざまな被害の実態が語られている。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 少年時代、その後(忠君愛国大君のため―ぼくはアジア・太平洋戦争のなかでこう育った(古田足日)
    人生はあきらめないこと―沖縄県読谷村の戦中・戦後を生きる(山内徳心
    西山利佳))
    第2章 強まる軍国主義(中国少年の鋭い目(米田孝子)
    学校に行けなかった愛国少女(木村珪子)
    平和こそ宝(石上正夫) ほか)
    第3章 日本軍は何をしたか(戦争下の在日朝鮮人の生活(朴鳳祥
    李慶子)
    刃の上の年月(王一地(中由美子))
    日帝植民地時代の朝鮮の生活(李五徳(大竹聖美)) ほか)

わたしたちのアジア・太平洋戦争〈1〉広がる日の丸の下で生きる の商品スペック

商品仕様
出版社名:童心社
著者名:古田 足日(編)/米田 佐代子(編)/西山 利佳(編)
発行年月日:2004/03/20
ISBN-10:4494018163
ISBN-13:9784494018161
判型:B5
対象:児童
発行形態:全集叢書
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:325ページ
縦:24cm
他の童心社の書籍を探す

    童心社 わたしたちのアジア・太平洋戦争〈1〉広がる日の丸の下で生きる [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!