親鸞のこころ―永遠の命を生きる(小学館文庫) [文庫]

販売休止中です

    • 親鸞のこころ―永遠の命を生きる(小学館文庫) [文庫]

    • ¥52316ポイント(3%還元)
100000009001298316

親鸞のこころ―永遠の命を生きる(小学館文庫) [文庫]

価格:¥523(税込)
ポイント:16ポイント(3%還元)(¥16相当)
日本全国配達料金無料
出版社:小学館
販売開始日: 2008/01/07
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

親鸞のこころ―永遠の命を生きる(小学館文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「悪人正機」説を超える教えの真髄とは?親鸞の思想が混迷する現代社会を救う…。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1部 親鸞のこころ(師と弟子;深い懺悔の宗教詩人;親鸞思想の真髄「二種廻向」)
    2部 時代を拓いた求道者たち(泰澄―白山に神と仏の化現を見る;良源―日本精神の転換点に立つ;覚鑁―空海を究め独自の密教世界を拓く;世阿弥の能―「鵺」について)
  • 内容紹介

    日本人にもっとも親しまれている仏教者、親鸞の教えの真髄とは何か。それは「悪人正機説」を超える「二種廻向」の教えだという。つまり人は死ぬと浄土に往き、やがてまたこの世に生まれ変わってくる。この生死の繰り返しによって、われわれは永遠の命を生きているのである。永遠の命に思いを馳せたとき、われわれは自然と共生し、家族や社会を支える倫理感を回復し、安静で充実した人生をおくることができると著者は説く。

    図書館選書
    親鸞思想の真髄、「生まれ変わり」に迫る!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    梅原 猛(ウメハラ タケシ)
    1925年、仙台市生まれ。京都大学哲学科卒。立命館大学教授、京都市立芸術大学学長、国際日本文化研究センター初代所長など歴任。主著に『隠された十字架』(毎日出版文化賞)、『水底の歌』(大佛次郎賞)などがあり、「梅原古代学」「梅原日本学」と呼ばれる著作多数

親鸞のこころ―永遠の命を生きる(小学館文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:梅原 猛(著)
発行年月日:2008/01/12
ISBN-10:4094082417
ISBN-13:9784094082418
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:221ページ
縦:15cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 親鸞のこころ―永遠の命を生きる(小学館文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!