「在外」日本人研究者がみた日本外交―現在・過去・未来 [単行本]
    • 「在外」日本人研究者がみた日本外交―現在・過去・未来 [単行本]

    • ¥5,280159ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001298870

「在外」日本人研究者がみた日本外交―現在・過去・未来 [単行本]

価格:¥5,280(税込)
ポイント:159ポイント(3%還元)(¥159相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:藤原書店
販売開始日: 2009/07/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

「在外」日本人研究者がみた日本外交―現在・過去・未来 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    日本人が最も苦手とする「外交」。そのロジック、力学とは何か?―冷戦崩壊後の世界秩序再編のなかで、なぜ日本の「外交」は混迷を脱せないのか?長年海外で活躍し、「外」からの日本像を目の当たりにしてきた気鋭の研究者が、「安全保障」と「多国間協力」という、喫緊の外交課題に正面から向き合い、日本という国家が置かれた歴史的・空間的位置の現実的認証に基づいた「外交」のあるべき方向性を問う。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序 「在外」日本人研究者の視点から
    第1部 ひらかれた安全保障政策へ―「普通の国」をめぐって(ソフトパワーからハードパワーへ―転換する日本の安全保障政策
    日本の安全保障政策と国内議論
    日本の海外派兵決定の分析
    日本の対外政策の中の「沖縄」―転機としての普天間基地移設問題
    日本の多国間安全保障政策―リージョナルおよびグローバルアプローチ)
    第2部 東アジアの中の日本外交―歴史の克服から多国間協力へ(分割された東アジアと日本外交―歴史検討から諸問題解決の鍵を探る
    日本外交と東北アジア地域システム―世界システムから見た地域平和の可能性
    戦後日本の中国政策―外圧と国益のはざまで
    東アジア地域主義と日本―地域概念の形成と定着における役割)
    国際権力政治の論理と日本
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    原 貴美恵(ハラ キミエ)
    ウォータールー大学レニソン研究教授、東アジアセンター・政治学部・歴史学部(兼任)、国際ガヴァナンス・イノベーション・センター(CIGI)フェロー。オーストラリア国立大学より博士号取得(Ph.D.:1997)、カルガリー大学助教授・准教授を経て現職。この間、ロシア科学アカデミー東洋学研究所、東西センター(米国)、東京大学、東京外国語大学、ストックホルム大学で客員研究員及び客員教授

「在外」日本人研究者がみた日本外交―現在・過去・未来 の商品スペック

商品仕様
出版社名:藤原書店
著者名:原 貴美恵(編)
発行年月日:2009/07/30
ISBN-10:4894346974
ISBN-13:9784894346970
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会科学総記
ページ数:308ページ
縦:22cm
他の藤原書店の書籍を探す

    藤原書店 「在外」日本人研究者がみた日本外交―現在・過去・未来 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!