国際私法の基礎理論 第2版 [単行本]
    • 国際私法の基礎理論 第2版 [単行本]

    • ¥4,950149ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001301383

国際私法の基礎理論 第2版 [単行本]

価格:¥4,950(税込)
ポイント:149ポイント(3%還元)(¥149相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:成文堂
販売開始日: 2000/10/04
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

国際私法の基礎理論 第2版 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    本書は主として著者がこの30年間の間に国際私法・国際訴訟法について書きためたものを集め、最新の資料を加味して体系としてまとめあげたものである。その中心をなすのはいずこの国においても同じ様にあらわれ、しかも国際私法の理解に必須の総論の諸問題であり、国毎に異っている個別的問題は例示的にふれるにとどめた。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 基本観念
    第2章 抵触規定の法律要件
    第3章 連結総説
    第4章 個別連結について
    第5章 連結の特別問題
    第6章 外国法の適用
    第7章 手続
    補章 国際私法法典の必要性
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ノイハウス,パウル・ハインリッヒ(Neuhaus,Paul Heinrich)
    (1914年3月9日~1994年4月12日)司法第2次試験(アセッソール試験)合格後、1942年、直ちにベルリンのカイザー・ヴィルヘルム研究所(マックス・プランク研究所の前身)に入り、1982年マックス・プランク研究所を定年退職するまで研究員として活躍。教授。ツヴァイゲルト教授の所長時代には、ツヴァイゲルトが皇帝であれば、ノイハウスは法王である、とも評され、一生独身を通したために「マックス・プランク研究所と結婚した」とも云われた。『国際私法の基礎理論』の他、『Ehe und Familie in rechtsvergleichender Sicht[比較法的に見た婚姻と家族]』(1979年)が主著で、いずれもその分野の権威と目されている

国際私法の基礎理論 第2版 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:成文堂
著者名:パウル・ハインリッヒ ノイハウス(著)/桜田 嘉章(訳)
発行年月日:2000/09/20
ISBN-10:4792331609
ISBN-13:9784792331603
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:法律
ページ数:516ページ
縦:22cm
その他: 原書名: Die Grundbegriffe des internationalen Privatrechts.―2.,neubearb.u.erw.Aufl.〈Heinrich,Neuhaus,Paul〉
他の成文堂の書籍を探す

    成文堂 国際私法の基礎理論 第2版 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!