宗教論―現代社会における宗教の可能性(叢書・ウニベルシタス) [全集叢書]
    • 宗教論―現代社会における宗教の可能性(叢書・ウニベルシタス) [全集叢書]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001303551

宗教論―現代社会における宗教の可能性(叢書・ウニベルシタス) [全集叢書]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:法政大学出版局
販売開始日: 2009/10/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

宗教論―現代社会における宗教の可能性(叢書・ウニベルシタス) の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 われわれの社会は神とコミュニケートできるか
    第2章 神の区別
    第3章 われわれは新しい神話を必要とするのか
    「現代における宗教の可能性について」―社会システム論からみた「宗教」(土方昭)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ルーマン,ニクラス(ルーマン,ニクラス/Luhmann,Niklas)
    1927年ドイツのリューネブルクに生まれる。1968‐1993年ビーレフェルト大学社会学部教授。70年代初頭にはハーバーマスとの論争により名を高め、80年代以降「オートポイエーシス」概念を軸とし、ドイツ・ロマン派の知的遺産やポスト構造主義なども視野に収めつつ、新たな社会システム理論の構築を試みた。90年前後よりこの理論を用いて現代社会を形成する諸機能システムの分析を試み、その対象は経済、法、政治、宗教、科学、芸術、教育、社会運動、家族などにまで及んだ

    土方 昭(ヒジカタ アキラ)
    1927年生まれ。京都大学大学院哲学科修士課程修了。現在、高崎経済大学名誉教授

    土方 透(ヒジカタ トオル)
    1956年生まれ。中央大学法学部法律学科卒業。同大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(社会学)。現在、聖学院大学教授

宗教論―現代社会における宗教の可能性(叢書・ウニベルシタス) の商品スペック

商品仕様
出版社名:法政大学出版局
著者名:ニクラス ルーマン(著)/土方 昭(訳)/土方 透(訳)
発行年月日:2009/10/25
ISBN-10:4588099140
ISBN-13:9784588099144
判型:B6
対象:教養
発行形態:全集叢書
内容:哲学
ページ数:134ページ ※124,10P
縦:20cm
その他: 原書名: SOZIOLOGISCHE AUFKL¨ARUNG4(Kap.4.Religion)〈Luhmann,Niklas〉
他の法政大学出版局の書籍を探す

    法政大学出版局 宗教論―現代社会における宗教の可能性(叢書・ウニベルシタス) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!