釣りバカ日誌<9>-マスの巻(ビッグ コミックス) [コミック]
    • 釣りバカ日誌<9>-マスの巻(ビッグ コミックス) [コミック]

    • ¥55517ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001306938

釣りバカ日誌<9>-マスの巻(ビッグ コミックス) [コミック]

価格:¥555(税込)
ポイント:17ポイント(3%還元)(¥17相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 1984/05/01
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

釣りバカ日誌<9>-マスの巻(ビッグ コミックス) の 商品概要

  • 内容紹介

    ご存じ“釣りバカ”ハマちゃんとスーさんが繰り広げる珍騒動!!

    ▼第1話/便りのないのはいい便り!?▼第2話/竜馬が如く▼第3話/視察……?▼第4話/いざ、話が釣敵(とも)よ!!▼第5話/それはないぜよ、浦ノ内▼第6話/あえて言うなら、会社の方針!?▼第7話/明けまして、おめで鯛!!▼第8話/ヒラのままでも本社契約▼第9話/さらば釣友▼第10話/番外編・三条河原池田屋の辺 ●登場人物/浜崎伝助(釣りバカ。四国支社に単身赴任中)、鈴木一之助(鈴木建設社長)、佐々木和男(鈴木建設営業三課課長)、浜崎みち子(伝助には過ぎた明るく賢い奥さん)、浜崎鯉太郎(伝助とみち子の可愛いひとり息子) ●あらすじ/伝助がルンルン気分で四国支社へ単身赴任した後、営業三課は火が消えたように静かになってしまった。しかし誰よりも寂しい思いをしているのは、もちろん釣りバカコンビの片割れ、スーさん。せっかく友人と釣りに出かけても、思い出すのはハマちゃんのことばかり(第1話)。▼伝助に会いたくてしょうがないスーさんは、四国支社を視察するという口実を作って伝助との釣行を画策する。一方、伝助の方はというと、新しい職場にも慣れて早くも釣りバカぶりを発揮している様子……(第2話)。 ●本巻の特徴/この第9巻では、スーさんの公私混同に伝助が翻弄される。といってもひとえにスーさんの伝助への愛? が原因なのだが……。一度は四国支社に単身赴任した伝助だったが、スーさんのツルのひと声で四国支社が営業所に格下げされ、人員削減を理由に伝助は本社に呼び戻されることになる(第6話)。 ●その他のデータ/チヌ(クロダイ)釣り(第2話)、ヒラマサ釣り(第10話)、▼裏表紙の伝助釣り講座~マス

    図書館選書
    悪魔の趣味”釣り”がもたらした激動の日々。サラリーマンの泣き笑いを活写し、満天下の共感を呼ぶ話題作。

釣りバカ日誌<9>-マスの巻(ビッグ コミックス) の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:やまさき 十三(著)/北見 けんいち(画)
発行年月日:1984/05
ISBN-10:4091802893
ISBN-13:9784091802897
判型:B6
発行形態:コミック
内容:コミック・劇画
言語:日本語
ページ数:224ページ
縦:18cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 釣りバカ日誌<9>-マスの巻(ビッグ コミックス) [コミック] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!