日本人はなぜ環境問題にだまされるのか(PHP新書) [新書]

販売休止中です

    • 日本人はなぜ環境問題にだまされるのか(PHP新書) [新書]

    • ¥77024ポイント(3%還元)
100000009001313393

日本人はなぜ環境問題にだまされるのか(PHP新書) [新書]

価格:¥770(税込)
ポイント:24ポイント(3%還元)(¥24相当)
日本全国配達料金無料
出版社:PHP研究所
販売開始日: 2008/11/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

日本人はなぜ環境問題にだまされるのか(PHP新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    二酸化炭素が増えたから温暖化したわけではない!それほど温暖化もしていない!そもそも温暖化は悪いことではない!にもかかわらず、「南極の氷が解けている」「ツバルが沈むほど海水面が上がっている」とウソ報道に洗脳され、エアコン28℃で酷暑を我慢する。しかし京都議定書をまじめに守っているのは日本国民だけで、政府もそれを隠蔽していたのだとしたら…。「わが社はCO2削減に全力を尽くしています」。聞こえのいい偽善にだまされ、損をしないために、すぐに知っておきたい環境問題のからくり。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 偽装「地球温暖化」(都合のいい錯覚
    温暖化の犯人となったCO2
    CO2の影響はたいしたことがない?
    日本はほんとうに温暖化しているのか?
    恐るべき「気温ジャンプ」の謎)
    第2章 温暖化はよいことばかり?(温暖化による願ってもない変化
    温暖化で病気が減る
    温暖化が食糧危機を救う)
    第3章 環境問題でだまされつづける日本人(なぜウソ報道がまかり通るのか?
    国民をだましつづけた日本政府
    「環境問題」の温度差)
    第4章 環境問題の本質を見極める(低炭素社会は非常識
    森・熱・水をもう一度考える
    温暖化問題がもたらしたもの)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    武田 邦彦(タケダ クニヒコ)
    1943年東京都生まれ。東京大学教養学部基礎科学科卒業。工学博士(東京大学)。専攻は資源材料工学。旭化成工業株式会社ウラン濃縮研究所所長、芝浦工業大学教授、名古屋大学大学院教授を経て、中部大学総合工学研究所教授(副所長)。多摩美術大学非常勤講師も兼任し、内閣府原子力委員会専門委員、文部科学省科学技術審議会専門委員なども務める

日本人はなぜ環境問題にだまされるのか(PHP新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:PHP研究所
著者名:武田 邦彦(著)
発行年月日:2008/11/28
ISBN-10:4569705383
ISBN-13:9784569705385
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:社会科学総記
ページ数:211ページ
縦:18cm
他のPHP研究所の書籍を探す

    PHP研究所 日本人はなぜ環境問題にだまされるのか(PHP新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!