放射線の遺伝影響(ポピュラー・サイエンス) [単行本]
    • 放射線の遺伝影響(ポピュラー・サイエンス) [単行本]

    • ¥1,87057ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年3月31日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001320041

放射線の遺伝影響(ポピュラー・サイエンス) [単行本]

価格:¥1,870(税込)
ポイント:57ポイント(3%還元)(¥57相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年3月31日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:裳華房
販売開始日: 2009/11/14
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

放射線の遺伝影響(ポピュラー・サイエンス) [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    放射線の被ばくによって体細胞に起きた突然変異は、被ばく者本人が白血病やがんなどの疾患になることがあります(遺伝的影響)。一方、放射線によって突然変異が生殖細胞に生じるとすると、子どもや未来の人類への影響が懸念されますが(遺伝性影響)、現在のところ、それを示す確実な証拠は見つかっていません。本書では、放射線の遺伝性影響のリスクを、その基礎から詳しく考察します。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1章 放射線と生物への作用
    2章 遺伝の基礎
    3章 遺伝性疾患
    4章 突然変異と遺伝性疾患
    5章 遺伝性障害(疾患)の集団遺伝学
    6章 遺伝性リスクの評価
    7章 遺伝性リスクの推定
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    安田 徳一(ヤスダ ノリカズ)
    1934年東京都に生まれる。早稲田大学卒業。ハワイ大学大学院修了(Ph.D.)。放射線医学総合研究所、ウィスコンシン大学、サンパウロ市移民局、ハワイ大学、国立遺伝学研究所、スタンフォード大学、放射線医学総合研究所特別研究官などを経て、現在、(独)放射線医学総合研究所名誉所員

放射線の遺伝影響(ポピュラー・サイエンス) [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:裳華房
著者名:安田 徳一(著)
発行年月日:2009/11/10
ISBN-10:4785387874
ISBN-13:9784785387877
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:生物学
ページ数:179ページ
縦:19cm
他の裳華房の書籍を探す

    裳華房 放射線の遺伝影響(ポピュラー・サイエンス) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!