首をはねろ! 新装版 [単行本]

販売休止中です

    • 首をはねろ! 新装版 [単行本]

    • ¥2,86086ポイント(3%還元)
首をはねろ! 新装版 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009001320509

首をはねろ! 新装版 [単行本]

価格:¥2,860(税込)
ポイント:86ポイント(3%還元)(¥86相当)
日本全国配達料金無料
出版社:みすず書房
販売開始日: 1998/10/22
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

首をはねろ! 新装版 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    多くの人にとって、メルヘンは楽しい子供時代の思い出であろう。たとえば有名な「いばら姫」の話―「王子さまのキスで百年の眠りから覚めたお姫さまは、王子さまと結婚しました。めでたしめでたし。」だが、これに続く話をどれだけの人が知っているだろうか?―王子の母親は実は人喰い女だった。王子が戦場に行ってしまうと、母親は嫁とその子供たちを食べてしまおうと考える。そして料理人を呼びつけ、孫の一人を料理するように命ずる…このような残酷な場面が、メルヘンの世界にはたくさん登場する。なぜだろう?また、どんな意味があるのだろう?著者マレは、グリム童話の中のさまざまな暴力シーンを取り出して、鮮やかに読み解いていく。ここに描かれているのは、家庭、政治、国家など、現実の世界の反映であった。暴力を呼び起こし、それを阻止するものは何なのだろうか?マレは心理学者でも、精神分析家でもない。一人の教師が、毎週一度生徒たちに昔話を話して聞かせる、その過程の中からこの本は生まれた。「メルヘンは太古の現代である」とゲーテは言った。普遍的な真実、永遠に変わらない要素を、ゲーテはメルヘンのうちに認めていたのである。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    暴力の楽しみ
    人間狼としての人間―公然の暴力
    隠微な暴力
    言うことを聞け、いやなら死ね―手きびしい教訓劇
    想像の中の暴力
    暴力とセックス
    お上に逆らう下々
    終わりなき暴力

首をはねろ! 新装版 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:カール=ハインツ マレ(著)/小川 真一(訳)
発行年月日:1998/10/20
ISBN-10:4622049570
ISBN-13:9784622049579
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:外国文学その他
ページ数:311ページ ※307,4P
縦:20cm
その他: 原書名: KOPF AB!:Gewalt im M¨archen〈Mallet,Carl-Heinz〉
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 首をはねろ! 新装版 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!