参加と距離化―知識社会学論考(叢書・ウニベルシタス〈354〉) [全集叢書]

販売休止中です

    • 参加と距離化―知識社会学論考(叢書・ウニベルシタス〈354〉) [全集叢書]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
100000009001320973

参加と距離化―知識社会学論考(叢書・ウニベルシタス〈354〉) [全集叢書]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
日本全国配達料金無料
出版社:法政大学出版局
販売開始日:1991/12/24
ご確認事項:返品不可

参加と距離化―知識社会学論考(叢書・ウニベルシタス〈354〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    人間社会の相互依存関係を独自の〈図柄理論〉によって捉える立場を発展させ、文明化(知識の社会的発展)の過程を人間の自然や社会への〈参加〉と〈距離化〉の度合の視点から考察し、二元論的法則理論から多元的過程理論への転換を捉す。エリアス社会理論の精髄。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 参加と距離化―1977‐78年の追加
    第2部 大渦の中の漁師
    第3部 大進化について―二つの断片

参加と距離化―知識社会学論考(叢書・ウニベルシタス〈354〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:法政大学出版局
著者名:ノルベルト エリアス(著)/波田 節夫(訳)/道籏 泰三(訳)
発行年月日:1991/12/24
ISBN-10:4588003542
ISBN-13:9784588003547
判型:B6
対象:教養
発行形態:全集叢書
内容:法律
ページ数:270ページ
縦:20cm
その他: 原書名: Engagement und Distanzierung:Arbeiten zur Wissenssoziologie,1〈Elias,Norbert〉

    法政大学出版局 参加と距離化―知識社会学論考(叢書・ウニベルシタス〈354〉) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!