六歳からの奉公人で泣き浮浪児で涙―母と子の悲哀実話 [単行本]
    • 六歳からの奉公人で泣き浮浪児で涙―母と子の悲哀実話 [単行本]

    • ¥1,10033ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001330702

六歳からの奉公人で泣き浮浪児で涙―母と子の悲哀実話 [単行本]

価格:¥1,100(税込)
ポイント:33ポイント(3%還元)(¥33相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:星雲社
販売開始日: 2010/06/14
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

六歳からの奉公人で泣き浮浪児で涙―母と子の悲哀実話 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    涙の波乱人生を綴った挫折と悲哀物語。昭和の戦前戦後の苦難と貧困の信じられないほどの荒波を乗り越えた方たちを代表して、後世に語り残したい。親と子の心温まる愛と絆の泣き笑い人生、浮浪児生活の悲惨体験の感動作。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    無理心中、捨て子、孤児院へ
    家族と離散し里子に
    小さな奉公人
    母との涙の再会
    苦節と悲惨な毎日
    鉛筆事件
    恋しい母がやっと田舎へ
    小学校での雪の惨事
    母ちゃんなんかもういらないよぉ
    悩む人生と繰り返す家出〔ほか〕
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    遠藤 浩一(エンドウ コウイチ)
    1934年東京・京橋に生まれる。1938年父と姉の病死後、一家心中と捨て子未遂。孤児院へ。1939年5歳で貧農へ里子に出され、奉公人生活。1940~53年繰り返す家出と自殺未遂で苦難の数々を味わう。1954年東京へ逃げ出し隅田公園、浅草ほかで浮浪児生活。1956年向島の日本蕎麦屋で助けられ、人生の転換期となり料亭に。1958年住宅建設の(株)日本電建入社。トップセールスマンを続投しつづけテレビ、雑誌に数多く登場。1963年個人会社を設立。アパート、マンションを所有

六歳からの奉公人で泣き浮浪児で涙―母と子の悲哀実話 の商品スペック

商品仕様
出版社名:牧歌舎 ※出版地:伊丹
著者名:遠藤 浩一(著)
発行年月日:2010/06/15
ISBN-10:4434140825
ISBN-13:9784434140822
判型:B6
発売社名:星雲社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:179ページ
縦:19cm
他の星雲社の書籍を探す

    星雲社 六歳からの奉公人で泣き浮浪児で涙―母と子の悲哀実話 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!