哲学の余白〈上〉(叢書・ウニベルシタス) [全集叢書]
    • 哲学の余白〈上〉(叢書・ウニベルシタス) [全集叢書]

    • ¥4,180126ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001330777

哲学の余白〈上〉(叢書・ウニベルシタス) [全集叢書]

価格:¥4,180(税込)
ポイント:126ポイント(3%還元)(¥126相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:法政大学出版局
販売開始日: 2007/02/09
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

哲学の余白〈上〉(叢書・ウニベルシタス) [全集叢書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    デリダの脱構築の基本思想が明らかにされる重要なテキスト。序説とも言える「タンパン(鼓膜)」、エクリチュールの問題から脱構築を説明した「差延」、ヘーゲルやハイデガーの時間概念を論じた「ウーシアとグランメー」、ヘーゲルの記号論に関する「竪坑とピラミッド」、ルソーの言語論についての「ジュネーヴの言語学サークル」などを収め、厳密かつ生成的な「脱構築」の必要性を説く。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    タンパン
    差延
    ウーシアとグランメー―『存在と時間』の或る注記についての注記
    竪坑とピラミッド―ヘーゲル記号学への序論
    人間の目的=終わり
    ジュネーヴの言語学サークル
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    デリダ,ジャック(デリダ,ジャック/Derrida,Jacques)
    1930年アルジェに生まれる。パリのエコール・ノルマル・シュペリウールで哲学を専攻。同校の哲学教授を経て、社会科学高等研究院教授をつとめた。ロゴス中心主義の脱構築を提唱し、「神の死」のあとに到来した今日の知的状況をこのうえなき冷徹な眼で分析する現代フランスの代表的な哲学者。2004年10月9日死去

    高橋 允昭(タカハシ ノブアキ)
    1931年生まれ。早稲田大学大学院哲学専攻修士課程修了。現代フランス思想専攻。早稲田大学文学部教授。2000年3月死去

    藤本 一勇(フジモト カズイサ)
    1966年生まれ。早稲田大学文学学術院助教授。20世紀フランス哲学専攻

哲学の余白〈上〉(叢書・ウニベルシタス) [全集叢書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:法政大学出版局
著者名:ジャック デリダ(著)/高橋 允昭(訳)/藤本 一勇(訳)
発行年月日:2007/02/10
ISBN-10:4588007718
ISBN-13:9784588007712
判型:B6
対象:教養
発行形態:全集叢書
内容:哲学
ページ数:368ページ
縦:20cm
その他: 原書名: MARGES:DE LA PHILOSOPHIE〈Derrida,Jacques〉
他の法政大学出版局の書籍を探す

    法政大学出版局 哲学の余白〈上〉(叢書・ウニベルシタス) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!