阿川佐和子の会えば道づれ―この人に会いたい〈5〉(文春文庫) [文庫]

販売休止中です

    • 阿川佐和子の会えば道づれ―この人に会いたい〈5〉(文春文庫) [文庫]

    • ¥59718ポイント(3%還元)
100000009001331042

阿川佐和子の会えば道づれ―この人に会いたい〈5〉(文春文庫) [文庫]

価格:¥597(税込)
ポイント:18ポイント(3%還元)(¥18相当)
日本全国配達料金無料
出版社:文藝春秋
販売開始日:2007/01/10
ご確認事項:返品不可

阿川佐和子の会えば道づれ―この人に会いたい〈5〉(文春文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「私、こんな正直に答えていいんでしょうか?」。話題のベストセラー作家、タレント、五輪メダリスト、凄腕の経営者、元政界のドンたちがアガワの舌に乗せられて爆笑・感涙の秘蔵エピソードを次々開陳していく!指揮者・岩城宏之氏など今は亡き人々の貴重な証言も含めた、「週刊文春」連載対談からのベストセレクション第5弾18篇。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    江國香織―甘やかしてくれる人が好き。私も甘やかすのが好き
    カルロス・ゴーン―社長に涙など禁物です。社長は強靱でなければ
    浜口京子―今日も父と喧嘩しました。浜口家は燃えてます(笑)
    斎藤茂太―うつ病の予防はやっぱり本業以外の趣味を持つこと
    奥本大三郎―トンボ採りのノウハウを今の子どもに伝えたい
    木佐彩子―私、ゲストですよ。気持ち良く話させて!(笑)
    岩城宏之―人の音楽会聴くと代わりに指揮したくなる
    岸部一徳―親子ほど年の差があっても木村拓哉君には負けられない
    倉嶋厚―悩んでる人に言いたい。自分を責めるな。開き直れ
    エマニュエル・ベアール―私はすべて勝ち取った。もう何も失うものはない
    平野レミ―和田さんは、私のために生まれてきたのよ
    大沢悠里―僕、ラジオを語ると熱い。何時間でも喋っちゃう
    野村忠宏―決勝は理想とは違う柔道。そこに後悔が残っています
    夢路いとし・喜味こいし―われわれの漫才は爆笑は要りまへんねん
    ジャン・ルイ・デュマ・エルメス―エルメスにとって一番の友、それは時間です
    小川洋子―小説を書くことは自分が生きてる証
    野中広務―「もう選挙には出ないから」言うて結婚したんです
    小倉昌男―運輸省に火をつけてやりたいと思ってた(笑)
  • 出版社からのコメント

    週刊文春の連載対談「この人に会いたい」の中から、特に選りすぐった18篇を収録。アガワだから聞けたあの人たちの秘話が満載!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    阿川 佐和子(アガワ サワコ)
    エッセイスト。1953(昭和28)年、東京都に生まれる。現在『週刊文春』にて対談「阿川佐和子のこの人に会いたい」を連載中。著書に父・阿川弘之氏との往復書簡「蛙の子は蛙の子」(ちくま文庫)など多数。99年、檀ふみ氏との往復エッセイ「ああ言えばこう食う」(集英社)により第15回講談社エッセイ賞受賞。2000年、「ウメ子」(小学館)により第15回坪田譲治文学賞受賞

阿川佐和子の会えば道づれ―この人に会いたい〈5〉(文春文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:文藝春秋
著者名:阿川 佐和子(著)
発行年月日:2007/01/10
ISBN-10:4167435179
ISBN-13:9784167435172
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:367ページ
縦:16cm

    文藝春秋 阿川佐和子の会えば道づれ―この人に会いたい〈5〉(文春文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!