ブッダはなぜ女嫌いになったのか(幻冬舎新書) [新書]

販売休止中です

    • ブッダはなぜ女嫌いになったのか(幻冬舎新書) [新書]

    • ¥83626ポイント(3%還元)
100000009001331835

ブッダはなぜ女嫌いになったのか(幻冬舎新書) [新書]

価格:¥836(税込)
ポイント:26ポイント(3%還元)(¥26相当)
日本全国配達料金無料
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2010/01/29
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

ブッダはなぜ女嫌いになったのか(幻冬舎新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ブッダとは「悟った人」の意味だが、その悟りへの歩みは、生後間もない息子に「ラーフラ(=邪魔者)」と名付け、妻子を置き去りにして出奔することから始まった。「人とかかわるな、交わるな」と説いたブッダは、「女の究極目標は相手を縛り支配すること」と断じ、女の出家に最後まで難色を示し続けた。ようやく尼僧を許可した後も、女の存在が仏法を駄目にすると愚痴って弟子を悩ませる。この徹底した女性への警戒心、恐怖感はどこからきたのか。原始仏教経典を精緻に読み込むことで見えた、生みの母、育ての母、妻との愛に苦悩する、知られざるブッダの姿。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    経典の話
    第1章 マーヤー―「まぼろし」という名の母(「まぼろし」という名の母
    ブッダの父母の家系―シャカ族とコーリヤ族 ほか)
    第2章 マハーパジャーパティー―許されざる愛(マハーパジャーパティーはブッダの乳母、養母だったか?
    シッダッタと異母弟ナンダの年齢差が語ること ほか)
    第3章 ヤショーダラー―捨てられた妻(ブッダはなぜ、出家したか―出家か家出か
    妃の家系~極悪人デーヴァダッタとのかかわり ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    丘山 万里子(オカヤマ マリコ)
    東京生まれ。桐朋学園大学音楽学部作曲理論科卒。同大学助手を経て音楽評論の道に入る。『音楽現代』誌第一回新人評論、新人賞受賞。日本大学文理学部非常勤講師。現代作品における東洋思想を軸に、日本の作曲家論を中心とした評論を展開

ブッダはなぜ女嫌いになったのか(幻冬舎新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:丘山 万里子(著)
発行年月日:2010/01/30
ISBN-10:4344981553
ISBN-13:9784344981553
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:173ページ
縦:18cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 ブッダはなぜ女嫌いになったのか(幻冬舎新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!