マス・コミュニケーション研究〈72〉特集 「メディア法」はどこへゆくのか―メディア法研究者の認識 [全集叢書]
    • マス・コミュニケーション研究〈72〉特集 「メディア法」はどこへゆくのか―メディア法研究者の認識 [全集叢書]

    • ¥3,30099ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001337694

マス・コミュニケーション研究〈72〉特集 「メディア法」はどこへゆくのか―メディア法研究者の認識 [全集叢書]

価格:¥3,300(税込)
ポイント:99ポイント(3%還元)(¥99相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:学文社
販売開始日:2008/02/16
ご確認事項:返品不可

マス・コミュニケーション研究〈72〉特集 「メディア法」はどこへゆくのか―メディア法研究者の認識 の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    特集 「メディア法」はどこへゆくのか―メディア法研究者の認識(メディア法とメディア法学への考え
    「メディア法」はどこへゆくのか―メディア法研究者の認識 ほか)
    論文(戦時期における岩波文庫の受容―古典と教養の接合をめぐって
    「私」を語るテレビ視聴―海外ドラマ『Sex and the City』の生活史的実践 ほか)
    2007年度春季研究発表会 ワークショップ報告(メディア環境の変化と議題設定研究の今後
    「バックラッシュ」はどのように起きるか―マスメディアとWeb言説空間の呼応関係 ほか):研究会の記録(2006年3月~2007年5月)(取材源秘匿・情報源明示・署名記事とジャーナリズム
    日本における政治・メディア環境の変化とその相互作用 ほか)

マス・コミュニケーション研究〈72〉特集 「メディア法」はどこへゆくのか―メディア法研究者の認識 の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本マス・コミュニケーション学会
著者名:日本マス・コミュニケーション学会(編)
発行年月日:2008/01/31
ISBN-10:4762017507
ISBN-13:9784762017506
判型:A5
発売社名:学文社
対象:専門
発行形態:全集叢書
内容:社会
ページ数:185ページ
縦:21cm

    学文社 マス・コミュニケーション研究〈72〉特集 「メディア法」はどこへゆくのか―メディア法研究者の認識 [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!