なぜ女と経営者は占いが好きか(幻冬舎新書) [新書]
    • なぜ女と経営者は占いが好きか(幻冬舎新書) [新書]

    • ¥81425ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月29日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001339892

なぜ女と経営者は占いが好きか(幻冬舎新書) [新書]

価格:¥814(税込)
ポイント:25ポイント(3%還元)(¥25相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月29日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2011/04/04
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

なぜ女と経営者は占いが好きか(幻冬舎新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「非科学的だ、インチキだ」とバカにし騒ぐ人間が白眼視されるほど、いまや世界中のVIP、政界・財界人が占い・呪い、スピリチュアルを信じ、それに基づいて行動している。これは事実である。では、この紀元前からの知恵の体系(占星術、易学)に皆が惹かれるのはなぜか?近年、金融・経済の近未来予測を次々当てた著者が、占術の世界へ飛び込んだ。「四柱推命」「九星術」を研究し、呪い(厄除け)につながる山伏修行を実体験。未来を見通す力の重要性を体当たりで説く革新的な書。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    “私は今年は大殺界”―はじめに
    第1章 占い・呪いをバカにする人は金儲けできない
    第2章 占い学の王道、四柱推命と九星術
    第3章 九星盤を読み解く
    第4章 副島隆彦の四柱推命の占い結果
    第5章 科学と宗教が堕落し占いは栄えた
    第6章 日本の古来の教え、修験道を体験する
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    副島 隆彦(ソエジマ タカヒコ)
    1953年5月1日福岡市生まれ。早稲田大学法学部卒業。外資系銀行員、代々木ゼミナール講師、常葉学園大学教授などを歴任。政治思想、法制度論、経済分析、社会時評など多くの分野で評論家として活動。副島国家戦略研究所(SNSI)を主宰し、日本初の民間人国家戦略家として研究、執筆、講演活動を精力的に行っている

なぜ女と経営者は占いが好きか(幻冬舎新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:副島 隆彦(著)
発行年月日:2011/03/30
ISBN-10:434498207X
ISBN-13:9784344982079
判型:B6
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:188ページ
縦:18cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 なぜ女と経営者は占いが好きか(幻冬舎新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!