ぼくの日本自動車史(草思社文庫) [文庫]
    • ぼくの日本自動車史(草思社文庫) [文庫]

    • ¥99030ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月16日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001344524

ぼくの日本自動車史(草思社文庫) [文庫]

  • 5.0
価格:¥990(税込)
ポイント:30ポイント(3%還元)(¥30相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月16日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:草思社
販売開始日: 2011/06/03
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ぼくの日本自動車史(草思社文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    1955年、初代クラウンが登場した年、ぼくは運転免許をとった―戦後、次々と登場した国産車のほとんどに同時代として乗りまくった著者の体験的自動車史。スカイライン、スバル1000など、かつて日本の自動車産業が無謀なまでの情熱にあふれていた時代に産みだされた国産名車が続々登場。「クルマはその国の国民性を体現したクルマになる」と語る著者。いま大きな変革期にある自動車の行く末を見極めるためにも、来し方をじっくり振り返れる貴重な一冊である。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 すべてはクラウンから始まる
    第2章 国産車の方向は決定された
    第3章 BC戦争の始まり
    第4章 ぼくの乗った軽自動車たち
    第5章 消えてしまったクルマたち
    第6章 サニーはなぜカローラに負けたのか
    第7章 スポーツカーこそわが命
    第8章 『間違いだらけ』を出してから
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    徳大寺 有恒(トクダイジ アリツネ)
    1939年、東京生まれ。成城大学経済学部卒。生来の自動車好きが高じて、レーシング・ドライバーから自動車評論家に。76年刊行のベストセラー『間違いだらけのクラマ選び』(草思社)で日本のクルマ社会に一大衝撃を巻き起こす。社会的、文化的な側面からクルマを捉えるクルマ批評は、多くの読者を獲得している

ぼくの日本自動車史(草思社文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:草思社
著者名:徳大寺 有恒(著)
発行年月日:2011/06/10
ISBN-10:4794218338
ISBN-13:9784794218339
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:446ページ
縦:16cm
他の草思社の書籍を探す

    草思社 ぼくの日本自動車史(草思社文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!