これが佐藤愛子だ〈8〉―自讃ユーモアエッセイ集(集英社文庫) [文庫]
    • これが佐藤愛子だ〈8〉―自讃ユーモアエッセイ集(集英社文庫) [文庫]

    • ¥56117ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001349673

これが佐藤愛子だ〈8〉―自讃ユーモアエッセイ集(集英社文庫) [文庫]

価格:¥561(税込)
ポイント:17ポイント(3%還元)(¥17相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:集英社
販売開始日: 2007/08/21
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

これが佐藤愛子だ〈8〉―自讃ユーモアエッセイ集(集英社文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    私は欠点の多い人間で、協調性がないばかりでなく、面倒くさがりの怒りんぼう、相手かまわずいいたいことをいい、無愛想で常識を無視し、猪突猛進である。その私に「人づきあいをよくするための性格について」何か書くようにと注文してきた。人づきあいの下手な私にわざわざそんな依頼をしてきたということは、編集部はこの私に反省の機会を与えようとしているのかもしれない。―的確に、そして痛快に社会を諷刺するユーモアエッセイで、読者を魅了し続けてきたアイコ先生。その作品群から秀作・傑作のみを精選した決定版。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 娘と私と娘のムスメ
    第2章 戦いやまず日は西に
    第3章 我が老後
    第4章 なんでこうなるの
    第5章 だからこうなるの
    第6章 老残のたしなみ
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    佐藤 愛子(サトウ アイコ)
    1923年11月5日大阪生まれ。甲南高女卒。処女作「愛子」。69年『戦いすんで日が暮れて』で直木賞、79年『幸福の絵』で女流文学賞、2000年『血脈』で菊池寛賞を受賞

これが佐藤愛子だ〈8〉―自讃ユーモアエッセイ集(集英社文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:集英社
著者名:佐藤 愛子(著)
発行年月日:2007/08/25
ISBN-10:4087462072
ISBN-13:9784087462074
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:217ページ
縦:16cm
他の集英社の書籍を探す

    集英社 これが佐藤愛子だ〈8〉―自讃ユーモアエッセイ集(集英社文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!