理科教育力を高める基礎化学 [単行本]
    • 理科教育力を高める基礎化学 [単行本]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001354100

理科教育力を高める基礎化学 [単行本]

長谷川 正(共著)國仙 久雄(共著)吉永 裕介(共著)
価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:裳華房
販売開始日: 2011/11/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

理科教育力を高める基礎化学 [単行本] の 商品概要

  • 目次

    1.物質とその構造
     1.1 組成からみた物質の分類
     1.2 物質を構成する基本粒子
     1.3 基本的物理量
     1.4 原子の構造
     1.5 電子配置
     1.6 周期律
     章末問題

    2.化学結合
     2.1 オクテット則
     2.2 イオン結合
     2.3 共有結合(I) ルイス構造
     2.4 共有結合(II) 軌道表示
     2.5 金属結合
     2.6 分子間力
     章末問題

    3.物質の状態と気体の性質
     3.1 物質の状態
     3.2 熱運動と熱平衡
     3.3 状態の変化
     3.4 蒸気圧
     3.5 状態図
     3.6 固体の状態
     3.7 液体の状態
     3.8 気体の状態
     章末問題

    4.反応速度
     4.1 化学反応式
     4.2 化学反応の速度
     4.3 反応速度の表し方
     4.4 反応速度式
     4.5 素反応と律速段階
     4.6 遷移状態と活性化エネルギー
     4.7 触 媒
     4.8 反応速度の温度変化と活性化エネルギー
     4.9 酵 素
     章末問題

    5.化学熱力学と平衡
     5.1 化学熱力学
     5.2 系と外界
     5.3 状態関数
     5.4 閉じた系と開いた系
     5.5 熱力学第一法則
     5.6 内部エネルギー
     5.7 エンタルピー
     5.8 反応熱
     5.9 熱力学第二法則
     5.10 可逆変化と不可逆変化
     5.11 エントロピー
     5.12 ギブズ自由エネルギー
     5.13 化学平衡
     章末問題

    6.酸と塩基
     6.1 酸と塩基の定義
     6.2 水素イオン指数(pH)
     6.3 pKaとpKb
     6.4 水の解離定数と酸塩基の解離定数の関係
     6.5 pHとpKaの関係
     6.6 中和滴定
     6.7 当量点と指示薬
     6.8 緩衝作用
     6.9 溶解度積
     章末問題

    7.酸化と還元
     7.1 酸化と還元の定義
     7.2 酸化数
     7.3 酸化剤と還元剤
     7.4 酸化還元反応式
     7.5 イオン化傾向
     7.6 電 池
     7.7 ダニエル電池
     7.8 電池の起電力と標準電極電位
     7.9 電気分解
     7.10 電極の呼び方
     章末問題

    8.無機化合物の構造と性質(I)-典型元素の化合物-
     8.1 無機化合物
     8.2 18族(希ガス)
     8.3 水 素
     8.4 1族元素
     8.5 2族元素
     8.6 13族元素
     8.7 14族元素
     8.8 15族元素
     8.9 16族元素
     8.10 17族元素
     章末問題

    9.無機化合物の構造と性質(II)-遷移元素の化合物-
     9.1 遷移元素
     9.2 遷移金属錯体
     9.3 錯体の表し方と命名法
     9.4 錯体の形
     章末問題

    10.有機化合物の構造と命名
     10.1 有機化合物
     10.2 有機化合物の構造
     10.3 有機化合物の命名法
     章末問題

    11.有機化合物の反応(I)-ハロゲン化アルキル,アルコール,アルケン,アルキンの反応-
     11.1 有機化合物の燃焼
     11.2 アルカンの反応
     11.3 ハロゲン化アルキルの反応
     11.4 アルコールの反応
     11.5 アルケンの反応
     11.6 アルキンの反応
     章末問題

    12.有機化合物の反応(II)-カルボニル化合物と芳香族化合物の反応-
     12.1 カルボニル化合物の反応
     12.2 芳香族置換反応
     章末問題

    13.高分子化合物
     13.1 高分子化合物
     13.2 高分子の合成
     13.3 高分子の分子量
     章末問題

    14.環境と化学
     14.1 地球の大気
     14.2 フロントオゾンホール
     14.3 温室効果
     14.4 酸性雨
     14.5 水質汚濁
     14.6 エネルギー資源
     14.7 太陽エネルギー
  • 出版社からのコメント

    理科教育力のみならず、広く理工系学生に求められる“科学コミュニケーション力”も身につく基礎化学の入門書。
  • 内容紹介

     中等教育のカリキュラムを意識した章立て、および教育現場で役立つ知識をふんだんに盛り込んだ内容の基礎化学の半期用教科書。
     理科教育力のみならず、広く理工系学生に求められる“科学コミュニケーション力”も身につく構成となっており、教育学系に限らず理工系全般の基礎教科書としても十分役立つ内容である。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    長谷川 正(ハセガワ タダシ)
    1948年東京都中央区生まれ。1976年東京教育大学大学院理学研究科博士課程修了。東京学芸大学教授等を経て、東京学芸大学理事・副学長。理学博士。専門分野は有機光化学、化学教育

    國仙 久雄(コクセン ヒサオ)
    1962年北海道小樽市生まれ。1993年京都大学大学院理学研究科博士課程単位認定退学。東京学芸大学助手、北海道薬科大学教授等を経て、東京学芸大学教授。博士(理学)。専門分野は分析化学、無機化学

    吉永 裕介(ヨシナガ ユウスケ)
    1968年神奈川県横浜市生まれ。1999年北海道大学大学院地球環境科学研究科博士課程修了。北海道大学助手、東京学芸大学助教授等を経て、東京学芸大学准教授。博士(地球環境科学)。専門分野は触媒化学、環境化学
  • 著者について

    長谷川 正 (ハセガワ タダシ)
    東京学芸大学名誉教授、理学博士。1948年 東京都生まれ。東京教育大学大学院理学研究科博士課程修了。東京学芸大学助手・助教授・教授・副学長などを歴任。専門分野は有機光化学、化学教育。

    國仙 久雄 (コクセン ヒサオ)
    東京学芸大学教授、博士(理学)。1962年 北海道生まれ。京都大学大学院理学研究科博士課程単位取得退学。東京学芸大学助手・助教授、金沢工業大学助教授、北海道薬科大学教授などを経て現職。専門分野は分析化学、無機化学。

    吉永 裕介 (ヨシナガ ユウスケ)
    東京学芸大学准教授、博士(地球環境科学)。1968年 神奈川県生まれ。北海道大学大学院地球環境科学研究科博士課程修了。北海道大学助手、東京学芸大学助教授などを経て現職。専門分野は触媒化学、環境化学。

理科教育力を高める基礎化学 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:裳華房
著者名:長谷川 正(共著)/國仙 久雄(共著)/吉永 裕介(共著)
発行年月日:2011/11/25
ISBN-10:4785330880
ISBN-13:9784785330880
判型:B5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:化学
言語:日本語
ページ数:165ページ
縦:26cm
横:18cm
厚さ:1cm
重量:528g
他の裳華房の書籍を探す

    裳華房 理科教育力を高める基礎化学 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!