富士山大噴火が迫っている!―最新科学が明かす噴火シナリオと災害規模(知りたい!サイエンス) [単行本]
    • 富士山大噴火が迫っている!―最新科学が明かす噴火シナリオと災害規模(知りたい!サイエンス) [単行本]

    • ¥1,738105ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年5月22日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001362463

富士山大噴火が迫っている!―最新科学が明かす噴火シナリオと災害規模(知りたい!サイエンス) [単行本]

価格:¥1,738(税込)
ポイント:105ポイント(6%還元)(¥105相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年5月22日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:技術評論社
販売開始日: 2008/12/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

富士山大噴火が迫っている!―最新科学が明かす噴火シナリオと災害規模(知りたい!サイエンス) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    日本の象徴である富士山。現在の泰然とした姿からは想像できないかもしれないが過去に大噴火を起こしている立派な活火山である。現在最後の大噴火からすでに300年が経過いつ大爆発を起こしてもおかしくない状態だ。現代で富士山が噴火したらその被害規模は?そして防災への備えはどうなっているのか?火山としての富士山のなりたちや噴火の歴史、将来の噴火予測と防災対策、富士山という火山が普段から与えてくれている恵みについて、やさしく総合的に解説。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1章 火山はどうしてできる?
    2章 富士山のおいたち
    3章 歴史時代の二大噴火
    4章 富士山のハザードマップ
    5章 富士山の噴火予知と防災計画
    6章 火山と共に生きる
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小山 真人(コヤマ マサト)
    静岡大学防災総合センター・教育学部教授。専門は地質学、火山学、歴史地震学、地震・火山防災など。1959年静岡県浜松市生まれ。静岡県立浜松北高校を卒業後、静岡大学理学部、静岡大学大学院理学研究科修士課程、東京大学大学院理学系研究科博士課程に学ぶ。東京大学理学博士(地質学)。日本火山学会理事、火山噴火予知連絡会臨時委員、富士山ハザードマップ検討委員会委員、富士山火山広域防災対策検討会委員などを歴任し、現在は富士山火山砂防計画検討委員会委員、伊東市史編集委員などを努める

富士山大噴火が迫っている!―最新科学が明かす噴火シナリオと災害規模(知りたい!サイエンス) の商品スペック

商品仕様
出版社名:技術評論社
著者名:小山 真人(著)
発行年月日:2009/01/15
ISBN-10:4774137065
ISBN-13:9784774137063
判型:B6
対象:専門
発行形態:単行本
内容:天文・地学
ページ数:199ページ
縦:19cm
他の技術評論社の書籍を探す

    技術評論社 富士山大噴火が迫っている!―最新科学が明かす噴火シナリオと災害規模(知りたい!サイエンス) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!