図説・現代哲学で考える「表現・テキスト・解釈」(京大人気講義シリーズ) [全集叢書]

販売休止中です

    • 図説・現代哲学で考える「表現・テキスト・解釈」(京大人気講義シリーズ) [全集叢書]

    • ¥1,87057ポイント(3%還元)
100000009001363144

図説・現代哲学で考える「表現・テキスト・解釈」(京大人気講義シリーズ) [全集叢書]

価格:¥1,870(税込)
ポイント:57ポイント(3%還元)(¥57相当)
日本全国配達料金無料
出版社:丸善出版
販売開始日: 2004/03/08
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

図説・現代哲学で考える「表現・テキスト・解釈」(京大人気講義シリーズ) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    京大での講義「哲学基礎論」の際に黒板に書かれた解説図をすべて再現。現代哲学の基本的考え方をわかりやすく、しかも水準を落とすことなく「図説」する。今回の“表現・テキスト・解釈”編は、人と人との理解や文学作品の理解、文化の理解といった現代社会で一番重要なテーマを扱っている。例えば、一人一人の「個性」とはなにか、解釈とは「作者の意図を把握すること」といってよいのか、絵画の技法としての「遠近法」のもっている哲学的意味はなにか、さらには「地平の融合」という解釈学の理論の意味は…、こういったテーマに関して読者を深い思索へと誘う。工夫を凝らした解説図を「地図」がわりにした、思索の旅のガイドブック。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    表現の特徴
    「道具」と「記号」の違い
    人文科学の方法としての「理解」と「解釈」
    「認識されたものの認識」としての解釈
    理解における言語と心理
    テキスト解釈と個性
    考えてみよう:個別性と個性
    歴史における「解釈」
    理解における循環
    理解における「文脈」と「全体」〔ほか〕
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    宮原 勇(ミヤハラ イサム)
    愛知県立大学外国語学部教授。京都大学博士(文学)。1955年、長野県生まれ。1979年京都大学文学部哲学科卒業。1982年同大学院文学研究科修士課程(哲学専攻)を修了し、1985年同大学院文学研究科博士課程後期(哲学専攻)研究指導認定退学。愛知県立大学文学部講師、助教授、教授を経て、1998年より現職。同大学大学院国際文化研究科にて、言語哲学、欧米思想を担当。また、ドイツ学科に所属し、ドイツの哲学等を担当。京都大学では、10年以上にわたって、哲学基礎論の講義を担当している。1993年から94年にかけて、アレクサンダー・フォン・フンボルト財団の奨学研究員としてドイツ連邦共和国に滞在する。専門は現象学だが、ひろく現代哲学全般に関心をもつ

図説・現代哲学で考える「表現・テキスト・解釈」(京大人気講義シリーズ) の商品スペック

商品仕様
出版社名:丸善
著者名:宮原 勇(著)
発行年月日:2004/03/20
ISBN-10:4621074032
ISBN-13:9784621074039
判型:B6
対象:教養
発行形態:全集叢書
内容:哲学
ページ数:151ページ
縦:19cm
他の丸善出版の書籍を探す

    丸善出版 図説・現代哲学で考える「表現・テキスト・解釈」(京大人気講義シリーズ) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!